【全成分&成分解析】オルビスユー モイスチャー(ジェル状保湿液)

  • URLをコピーしました!

こんにちは。コスメコンシェルジュエージェンシー(日本化粧品検定1級)のありす(@alice_kaiseki)です✨

今回はオルビスユー モイスチャーの成分解析です。

オルビスの中ではお求めやすい価格のエイジングケアライン。

ジェル状保湿液という名称ですが、一般的なスキンケアラインでは乳液と同じ位置づけです。

目次

オルビスユー モイスチャーの成分解析

全成分は22種類。中価格帯のエイジングケアコスメとしては、ややシンプルな構成です。

基本はローションとほぼ同じ

オルビスユーモイスチャーオルビスユーローション
水、グリセリン、BG、ジグリセリン、PPG-24グリセレス-24、ヤグルマギク花エキス、モモ葉エキス、アマモエキス、カラスムギ穀粒エキス、PEG-75、プロパンジオール、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、PEG-150、(エイコサン二酸/テトラデカン二酸)ポリグリセリル-10、アクリル酸Naグラフトデンプン酸化チタン、カルボマー、ベントナイト、水酸化K、フェノキシエタノール、メチルパラベン水、BG、グリセリン、ジグリセリン、プロパンジオール、PPG-24グリセレス-24、ヤグルマギク花エキス、モモ葉エキス、アマモエキス、シナノキエキス、PEG-75、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、PEG-400、(エイコサン二酸/テトラデカン二酸)ポリグリセリル-10、キサンタンガム、カルボマー、水酸化K、フェノキシエタノール、メチルパラベン
  • BGとグリセリンがベース
  • 浸透させるための界面活性剤が入っている
  • 独自成分のキーポリンブースターや濃密ウォーターゼリーが入っている

といった点は、オルビスユーのローション(化粧水)とほぼ同じ。

基本的には、ローションより、とろみを増やして、ゲル化させ、水分の蒸発を防ぐ仕組みになっています。

ローションと同じ部分について詳しくはオルビスユーローションの成分解析をご覧ください。

オイルフリーで水分の蒸発を防ぐ

オルビスユーモイスチャーは「ジェル状保湿液」というジャンルで販売されているコスメですが、基本的には「乳液」としての役割を果たします。

オルビスのスキンケアラインは基本的に「オイルフリー」で作られています。

一般的な乳液は水に油を混ぜ合わせることで、油がお肌に膜を作り、水分の蒸発を防ぐという仕組み。

オルビスではオイル成分を配合せずに、増粘剤や合成ポリマーなどの水分蒸発を防ぐための成分が入っています。

ありす

ありす

実はこれが大きな特徴。肌質によっては「油分が入ったスキンケアが合わない」という人もいるんです。そういった人が乳液の代用として使うと、お肌の調子が整うかも。

ただし「油分が肌に必要な人」もいるので、人によっては逆に乾燥してしまうことも。

お試しセットが990円で売っているので、気になる人は試してみると良いです。

モイスチャーにのみ配合されている成分

モイスチャーの成分解析では、ローションに入っていない成分に焦点を当てて解説します。

カラスムギ穀粒エキス

カラスムギ(オーツ麦)の種子から採れる植物エキスです。

カルシウム、鉄分、ビタミンB1などの栄養をたっぷり含みます。

お肌にフィルムのような膜を作る効果があり、水分の蒸発を防いだり、表面をなめらかに整えてくれます。

PEG-150

増粘剤です。製品にとろみをつけます。

アクリル酸Naグラフトデンプン

増粘剤です。製品をゲル上のテクスチャにするポリマーの一種です。

酸化チタン

製品を白く着色したり、塗った肌の見た目を整えるメイクアップ効果があります。

ファンデーションや日焼け止めなどにも使われる顔料の一種ですが、塗りおいても特に刺激などはありません。

ベントナイト

泥(クレイ)成分の一種です。

泥洗顔などでは汚れを吸着するために配合されますが、この製品の場合は増粘(ゲル化)が目的だと思われます。

成分解析のまとめ

  • 美容成分はオルビスユーローションとほぼ同じ。
  • ゲル化させ、肌に膜を作り、水分の蒸発を防ぐ。
  • 「油分が入っていない、乳液の代用品」なので、肌質によって合う・合わないがある。

このアイテムのレビューを見る

同ラインの製品の解析を見る

オルビス製品の解析を見る

全成分と配合目的

成分名目的評価
ベース
グリセリンベース(保湿)
BGベース(保湿)
ジグリセリン保湿
PPG-24グリセレス-24非イオン界面活性剤(乳化・洗浄)
ヤグルマギク花エキス植物エキス(整肌)
モモ葉エキス植物エキス(整肌)
アマモエキス海藻エキス(保湿・整肌)
カラスムギ穀粒エキス植物エキス(保湿)
PEG-75増粘
プロパンジオールベース(保湿・抗菌)
グリコシルトレハロース多糖類(保湿)
加水分解水添デンプン糖アルコール(保湿)
PEG-150増粘
(エイコサン二酸/テトラデカン二酸)ポリグリセリル-10エステル油(エモリエント)
アクリル酸Naグラフトデンプン増粘
酸化チタン顔料(着色or紫外線散乱剤)
カルボマー合成ポリマー(増粘・乳化安定)
ベントナイト汚れ吸着or増粘
水酸化Kph調整
フェノキシエタノール防腐剤
メチルパラベン防腐剤(旧)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ありすのアバター ありす コスメコンシェルジュエージェンシー

美容、メイク、おしゃれ等にはまっている20代の3児のママ。
コスメレビュー、コスメ成分解析、コスメサブスク、ファッションレンタルなどの情報を発信しています。

コメント

コメントする

目次