【全成分&成分解析】KYOGOKU ブルーパープルカラーシャンプー

  • URLをコピーしました!

Instagramで1.7万人にスキンケア情報を発信するコスメコンシェルジュエージェンシー(日本化粧品検定1級)のありすです✨

【毎日更新中】Instagramはこちら⇒@alice_kaiseki

今回はカラー後の髪の黄ぐすみを防ぐ、KYOGOKU ブルーパープルカラーシャンプーの成分解析です。

目次

KYOGOKU ブルーパープルカラーシャンプーの成分解析

まず大前提として、このシャンプーは「髪のカラー管理」に特化したアイテムです。

他のシャンプーと同じように洗浄成分や補修成分で評価すると、かなりの低評価になります。

その分「カラー」に特化したアイテムだと理解した上で解析をお読みください。

洗浄成分は強め

主な洗浄成分はこちら。

  1. オレフィン(C14ー16)スルホン酸Na・・・陰イオン界面活性剤
  2. コカミドプロピルベタイン・・・両性界面活性剤
  3. (C12,13)パレスー3硫酸Na・・・陰イオン界面活性剤
  4. コカミドメチルMEA・・・非イオン界面活性剤

シャンプーの中では洗浄力がやや高~高めになっていそうです。

染料の力を最大限に活かすために、この組み合わせにしたんじゃないかな。

元の髪のダメージが強い人、乾燥している人だと、パサつきやすいのでご注意ください。

保湿・補修成分はほとんどなし

基本の保湿成分[グリセリン]や、手触りを良くする[ポリクオタニウムー10]は入っているものの、ドラッグストアで買えるシャンプーかそれ以下レベル。

でもこれには訳があって、保湿・補修・コンディショニング成分を入れれば入れるほど、求める色が出にくくなるんですよね💦

KYOGOKU ブルーパープルカラーシャンプーはカラーキープを目的としたシャンプーなので、あえて余計なものを入れずに作られました。

その分、ベースとなる[水]にこだわりがあって、希望通りの色を実現するために厳選した、パイロジェンフリー超純水を使っています。

ありす

保湿・補修・コンディショニングは、トリートメントで補おう!

3つの染料にこだわり

  1. HC青2
  2. 紫401
  3. 黒401

KYOGOKU ブルーパープルカラーシャンプーの最大の特徴は、厳選された3種類の染料です。

HC染料と酸性染料を組み合わせることで、くすみをなくして透明感のある髪色を作り上げています。

まとめ

一般的なシャンプーと同じ基準で解析すると、かなり評価が低くなるこのアイテム。

でも「カラーキープ」という点に強いこだわりを持って作られており、ファンも多いんです。

カラー後の黄ぐすみが気になる人は、ぜひ一度使ってみてください🙌

全成分と配合目的(予想)

成分名目的評価
ベース
オレフィン(C14ー16)スルホン酸Na陰イオン界面活性剤(洗浄)
コカミドプロピルベタイン両性界面活性剤(洗浄)
(C12,13)パレスー3硫酸Na陰イオン界面活性剤(洗浄)
グリセリンベース(保湿)
コカミドメチルMEA非イオン界面活性剤(泡質改善)
フェノキシエタノール防腐剤
香料香料
ポリクオタニウムー10カチオン化セルロース(コンディショニング)
安息香酸Na防腐剤(旧)
ラウラミドDEA非イオン界面活性剤(気泡)
クエン酸ph調整
エチドロン酸4Naキレート
HC青2HC染料
紫401酸性染料
黒401酸性染料

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ありすのアバター ありす コスメコンシェルジュエージェンシー

美容、メイク、おしゃれ等にはまっている20代の3児のママ。
コスメレビュー、コスメ成分解析、コスメサブスク、ファッションレンタルなどの情報を発信しています。

コメント

コメントする

目次