【成分解析】DUO ザ クレンジングバーム

SNSでも話題になっている、DUO ザ クレンジングバームの成分解析です。

DUOからは4種類のクレンジングバームが出ていますが、今回は通常タイプ(エイジングケア)を紹介。

他の3タイプについても、後日記事にします。

\初回は半額/

全成分

パルミチン酸エチルヘキシル、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル 、炭酸ジカプリリル 、トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル、ポリエチレン、トリイソステアリン酸PEG-5グリセリル、トコフェロール、カニナバラ果実油 、アンマロク果実エキス 、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル 、グルコシルセラミド 、加水分解コラーゲン 、加水分解ヒアルロン酸 、α-グルカン、乳酸桿菌/セイヨウナシ果汁発酵液 、乳酸桿菌/ブドウ果汁発酵液 、ノイバラ果実エキス 、プルーン分解物 、クリサンテルムインジクムエキス 、ソメイヨシノ葉エキス 、トルメンチラ根エキス 、豆乳発酵液 、メマツヨイグサ種子エキス 、ウンシュウミカン果皮エキス 、タチジャコウソウ花/葉/茎エキス 、オウゴン根エキス 、キハダ樹皮エキス 、ビルベリー葉エキス 、オウレン根エキス 、カミツレ花エキス 、クチナシ果実エキス 、セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス 、トウキンセンカ花エキス 、ハマメリス葉エキス 、ヤグルマギク花エキス 、ローマカミツレ花エキス 、水、BG、PEG-7(カプリル/カプリン酸)グリセリズ、フェノキシエタノール

DUO ザ クレンジングバームの成分解析

クレンジングなので洗浄系の成分から解説してきます。

メイクを落とす仕組みは一般的な成分

クレンジングバームなので、油分でメイクを溶かす→乳化させて洗い流すという仕組み。

バーム上になっていますが、メイクを落とす仕組みは一般的なクレンジングオイルに近いものです

主な油分はエステル油。「パルミチン酸エチルヘキシル」「トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル」「炭酸ジカプリリル」の3つです。

これに関しては特に珍しいものではないですね。

3種類配合されているのは、メイクに使われている成分によって、落としやすい油が異なるからです。

油で溶かしたメイクを洗い流すための界面活性剤は「トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル」「トリイソステアリン酸PEG-5グリセリル」などこちらも一般的なもの。

強めのオイルクレンジングほどではありませんが、クレンジング力はそこそこ高め。一般的なメイクであればほぼ落ちそうです。

ポリエチレンは肌に悪い?

全成分の5番目にあるポリエチレンはマイクロビーズとも呼ばれる成分で、バームのテクスチャを調整するために配合されます。

この成分、海に流れたときに環境に悪影響があると指摘されていて、海外では化粧品への使用が禁止あれている国もあるんです。

人体へのリスクは低く、資生堂やカネボウなどの大手メーカーの化粧品でも普通に使われている成分ですが、環境への影響が気になる人には不向きかもしれません。

美容成分がとにかく豪華

DUOのクレンジングバームの特徴は、美容成分がとにかく豪華なこと。

ジャンル別に美容成分を解説していきますね。

保湿成分

グルコシルセラミド、加水分解コラーゲン、加水分解ヒアルロン酸、α-グルカン、豆乳発酵液

お肌の水分保持をサポートしたり、肌のバリア機能に大切なセラミドをサポートする成分です。

特に珍しいものはなく、一般的なコスメに入っているラインナップですね。

ピーリング

乳酸桿菌/セイヨウナシ果汁発酵液、乳酸桿菌/ブドウ果汁発酵液

植物を乳酸菌で発酵して出来た成分です。

AHA(乳酸)を含むので、お肌の角質ケアが出来ます。

ただし、発酵系&角質ケア効果のある成分は肌の刺激になる可能性もあるので注意です。

 植物エキス類

アンマロク果実エキス、ノイバラ果実エキス、プルーン分解物、クリサンテルムインジクムエキス、ソメイヨシノ葉エキス、トルメンチラ根エキス、メマツヨイグサ種子エキス、ウンシュウミカン果皮エキス、オウゴン根エキス、キハダ樹皮エキス、ビルベリー葉エキス、オウレン根エキス、カミツレ花エキス、クチナシ果実エキス、セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス、トウキンセンカ花エキス、ハマメリス葉エキス、ヤグルマギク花エキス、ローマカミツレ花エキス

エイジングケアタイプということで、抗酸化作用や活性酵素除去があると言われる植物が多く入っています。

数が多いので、ひとつひとつの濃度はごくわずかですね。クレンジングなので洗い流されるコスメだし、はっきりとした効果はあまり期待できないです。(なんかちょっと良い効果があればラッキー程度)

また、抗菌・収れん作用を持つ成分が多いので、肌が弱い人は刺激になっちゃう可能性もあります。

油脂

カニナバラ果実油

油脂はクレンジングではメイクを落とす油分としても配合されます。

DUOの場合は濃度が低いので、メイクを落とすよりもエモリエントとお肌を柔らかくする作用が目的かと思います。

ビタミンC誘導体

テトラヘキシルデカン酸アスコルビル

VCIPとも呼ばれる、油溶性のビタミンC誘導体です。

水溶性のビタミンC誘導体に比べて即効性はありませんが、皮膚浸透力に優れ、低刺激で、安定して持続的な効果を発揮します。

有効成分として配合されているわけではないので「美白」効果は謳えませんが、メラニンの還元作用がある成分です。

クレンジングの美容成分は洗い流されるから意味がない?

他の方のDUO ザ クレンジングバームの解析を見てみると「クレンジングに美容成分が入っていても、洗い流されるから意味がない」という意見がありました。

確かにクレンジングに入った美容成分は洗い流されるので、化粧水や美容液に比べると肌に残りにくいです。

でも全部完全に洗い流されるわけではないので、「全く意味がない」というのも違うと思います。

「美容成分が全く入っていないクレンジング」と「豪華な美容成分が入ったクレンジング」を比較すると、後者を使ったほうが肌に良い影響を与える可能性は高いです。

例えば、月の美容予算が限られている中で使うコスメを選ぶのであれば、クレンジングよりも美容液に投資した方が肌に美容成分を多く与えられます。

他のコスメの予算を無理に削ってDUOのクレンジングバームを買うのは微妙だと思いますが、そうでなければ使う意味はあると思います。

SNSでやたら流行っているけどステマじゃないの?

Twitter、Instagram、Youtubeなどでインフルエンサーが紹介しまくっていて「ステマでは??」という話もよく聞きます。

確かにDUOはネット上での広告宣伝費をかけて、芸能人やインフルエンサーにPR依頼をしています。

他社と比べても、かなり広告費をかけているので、SNSで見かける機会が多いんでしょう。

ただ実際のところ、ステマなしの口コミでも評判が良いので「広告ばらまくだけで、中身は全然ダメ」ってことはないんじゃないでしょうか。

成分を見た感じでも、ベースの成分は一般的なものですが、他のクレンジングでは滅多にないレベルで多くの美容成分が入っています。

例えばこれが6,000円するコスメなら「ぼったくり!」って思いますが、定期購入なら1ヶ月分が3,000円程度で買えるので、価格と中身のバランスは取れているコスメだと思います。

成分解析のまとめ

  • メイクを落とす仕組みは一般的なクレンジングと同じ
  • クレンジングとしては、かなり豪華な美容成分が入っている
  • クレンジングなので美容成分も多くは洗い流されるが、全くの無意味ではない
  • 3,000円で買えるクレンジングとしてはコスパは悪くない

\初回は半額/

パルミチン酸エチルヘキシルエモリエント化粧品でよく使われるエステル油です。さらっとしたテクスチャの油性成分。
肌の表面に膜を作り、水分の蒸発を防ぎます。肌への刺激の心配はほとんどありません。
クレンジングに配合されている場合は、メイクを浮かせるためのオイル。メイクと落とす力は、そこそこ高めです。
炭化水素油ほどではありませんが、脱脂力があるので乾燥の原因になる可能性があります。
トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリルエモリエント化粧品でよく使われるエステル油です。さらっとしたテクスチャの油性成分。
肌の表面に膜を作り、水分の蒸発を防ぎます。成分中に顔料を分散させる効果も。
肌への刺激の心配はほとんどありません。
クレンジングに配合されている場合は、メイクを浮かせるためのオイル。メイクと落とす力は、そこそこ高めです。
炭化水素油ほどではありませんが、脱脂力があるので乾燥の原因になる可能性があります。
炭酸ジカプリリルエステル油化粧品でよく使われるエステル油です。さらっとしたテクスチャの油性成分。
肌の表面に膜を作り、水分の蒸発を防ぎます。肌への刺激の心配はほとんどありません。
炭酸ジカプリリルはエステル油のなかでも、なめらかで伸びの良いテクスチャです。
クレンジングに配合されている場合は、メイクを浮かせるためのオイル。メイクと落とす力は、そこそこ高めです。
炭化水素油ほどではありませんが、脱脂力があるので乾燥の原因になる可能性があります。
トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル乳化非イオン(ノニオン)界面活性剤です。界面活性剤ですが刺激はほぼありません。
製品を水の中に油が溶け込むO/W型に乳化します。
O/W型は水に流れやすくさっぱり。乳液やクリームなどのスキンケアによく使われる乳化です。
クレンジングの成分を洗い流す成分として配合されることもあります。(この場合濃度は高め)
ポリエチレン調整体質顔料・合成ワックスの一種で、製品のテクスチャを調整したり安定させるために配合されます。
スクラブ剤として配合されることも。
環境に悪影響があると言われており、海外では使用を規制されている国もあります。
トリイソステアリン酸PEG-5グリセリル乳化非イオン(ノニオン)界面活性剤です。界面活性剤ですが刺激はほぼありません。
製品を油の中に水が溶け込むW/O型に乳化します。
W/O型は水に流れにくくこってり。ウォータープルーフのコスメなどによく使われる乳化です。
クレンジングの成分を洗い流す成分として配合されることもあります。(この場合濃度は高め)
トコフェロール酸化防止剤製品の酸化を防ぎます。
ビタミンEなので、肌への抗酸化作用も期待できます。
防腐剤の一種ですが、刺激はほとんどありません。
カニナバラ果実油油脂肌の水分蒸発を防いだり、お肌を柔らかくする作用があります。
リノール酸とリノレン酸が多い油脂。
サラッとしたテクスチャで、エイジングケアなどの美容効果も期待できます。
酸化安定性が低いというデメリットがあります。
アンマロク果実エキス植物エキストウダイグサ科アンマロクの果実から採れる植物エキスです。
アンマロクはインドでは天然の万能薬とも呼ばれる植物。
タンニンを多く含み、抗酸化作用が優れています。
製品自体の抗酸化やキレート作用も持っています。
テトラヘキシルデカン酸アスコルビル抗酸化「VCIP」とも呼ばれるメラニン還元型の美白成分です。
油溶性のビタミンC誘導体の一種で、水溶性のビタミンC誘導体に比べて即効性はありませんが、皮膚浸透力に優れ、安定していて低刺激です。
ビタミンC誘導体は強い抗酸化作用を持ち、酸化で黒くなったメラニンを元に戻したり、メラニンの酸化を予防する成分。
化粧品ではなかなか難しいですが、理論上では高濃度ならシミを薄めることも可能です。
刺激はゼロではありませんが、美白成分の中ではまだ安心して使える方かなと思います。
グルコシルセラミド保湿「水溶性セラミド」とも呼ばれる保湿成分です。
セラミドにグルコース(ブドウ糖)が結合し、95%がセラミド、5%が糖脂質で組性される成分。
一般的な油溶性のセラミドに対して水に溶けやすい性質があるので、界面活性剤を増やさずに化粧水などに配合しやすい成分です。
お肌の・バリア保湿・機能・エモリエント効果を持っています。
研究で、アトピー性皮膚炎などによるかゆみの予防・改善への効果が証明されています。
加水分解コラーゲン保湿水溶性コラーゲンを加水分解して小さくして浸透力を高めた成分です。
肌の土台で水分を蓄える保湿の役目を持っています。
加水分解ヒアルロン酸保湿ヒアルロン酸を加水分解して小さくした保湿成分です。
通常のヒアルロン酸よりも角質層への浸透能力が高くなっています。
α-グルカン保湿セラミドに似た働きも持ち、保湿やバリア機能の改善作用があると言われる保湿成分です。
ブドウ糖を多く含む多糖類で、製品の増粘効果もあります。
乳酸桿菌/セイヨウナシ果汁発酵液保湿セイヨウナシの果汁を乳酸菌で発酵して作られたエキスで、リンゴ酸、クエン酸、ミネラル、遊離アミノ酸、タンニンなどの成分が含まれます。
肌を保湿したり、ハリ・コシを与える効果を持ちます。
AHA(乳酸)による角質ケアも期待できます。
発酵系&角質ケア効果もある成分なので刺激を感じる人もいるかも。
乳酸桿菌/ブドウ果汁発酵液保湿ブドウ果汁を乳酸桿菌で発酵させたエキスです。
肌を保湿したり、ハリ・コシを与える効果を持ちます。
AHA(乳酸)による角質ケアも期待できます。
発酵系&角質ケア効果もある成分なので刺激を感じる人もいるかも。
ノイバラ果実エキス保湿フラボノイド、タンニン、カロテノイドなどを多く含み、角質層に水分を与えてお肌を保湿します。
抗酸化、色素沈着抑制、抗老化、収れん作用もあると言われています。
プルーン分解物透明感セイヨウスモモの果肉を酵素で分解して作られる成分です。
メラニンの輸送をブロックして、色素沈着を抑制します。
抗老化、抗酸化などの作用もあると言われています。
クリサンテルムインジクムエキス植物エキスゴールデンカモミールから抽出した植物エキスです。
血行促進、活性酵素除去などの作用があると言われています。
ソメイヨシノ葉エキス整肌日本では昔から民間薬として、肌荒れやかゆみなどの肌の炎症に使われてきました。
保湿や美白作用もあると言われています。
トルメンチラ根エキス植物エキスバラ科のトルメンチラの根から採れる植物エキスです。
収れん、抗菌などの作用を持っています。
活性酵素を抑制するとも言われており、エイジングケアコスメで人気の成分です。
豆乳発酵液保湿イソフラボンを多く含み、保湿だけでなく美白や抗酸化作用なども期待できます。
発酵系の成分なので刺激を感じる人もいるかも。
基本的には低刺激ですが、大豆アレルギーの方は控えた方が良い成分です。
メマツヨイグサ種子エキス抗酸化γリノレン酸やポリフェノールなどの成分を多く含みます。
昔から外傷や皮膚炎の治療薬として使われてきた成分です。
抗酸化作用以外にも、抗炎症作用、抗老化作用、メラニン生成の防止などの効果があると言われています。
ウンシュウミカン果皮エキス抗炎症ウンシュウミカンの皮から採れる植物エキスです。
漢方でも使われる成分で、抗炎症、血行促進、セラミドの生成促進などの作用があると言われています。
タチジャコウソウ花/葉/茎エキス植物エキスシソ科のタチジャコウソウ(タイム)の花・葉・茎から採れる植物エキスです。
抗菌・収れん・保湿などの作用を持っています。
古来から天然の防腐剤としても使用されてきました。
フローラル系の香料としても使用されます。
オウゴン根エキス整肌コガネバナの根から採れるエキスで、抗炎症、小アレルギー、美白、抗酸化、保湿などさまざまな作用があると言われています。
漢方では解熱、消炎剤として使用。PM2.5などの大気汚染から肌を守る役割も持っています。
キハダ樹皮エキス植物エキス皮膚常在菌バランスを整え、肌の抗菌作用を正常な状態に導きます。
肌の収れん、抗炎症、セラミド合成促進作用もあると言われています。
古くから生薬としても使われてきました。
ビルベリー葉エキス抗酸化ポリフェノールやアミノ酸を豊富に含み、抗酸化作用に優れています。
肌の抗ストレス機能を高めたり、抗老化、保湿作用もあると言われています。
オウレン根エキス抗菌アクネ菌抑制による抗炎症作用や皮膚常在菌のバランスを整える抗菌作用があります。
ニキビケア化粧品によく配合されます。皮脂抑制、保湿・肌バリア改善効果も。
抗菌系ですが皮膚刺激はほとんどなく、安全性の高い成分です。
カミツレ花エキス透明感・抗炎症メラニンの生成を抑制する効果あると言われている植物成分です。
他にも保湿・抗炎症・血行促進・収れんなどの効果があると言われています。
ローマカミツレエキスやカモミラETとは別の成分です。
クチナシ果実エキス植物エキスクチナシの果実から採れる植物エキスです。
日本薬局方に収載されている漢方生薬で、消炎作用、鎮静作用、保湿作用があります。
他にも色素沈着抑制や抗酸化作用もあると言われています。
セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス植物エキス昔から傷の治療や神事に使われてきた植物成分です。
ニキビ発生の原因にもなるリパーゼの生成を抑制します。
お肌の引き締め、肌荒れ防止、日焼け後のケア、育毛などにも効果があると言われています。
トウキンセンカ花エキス整肌消炎作用に優れており、肌の炎症を抑える効果があると言われています。
皮脂の過剰分泌を抑える効果も期待できます。
ハマメリス葉エキス収れんタンニンを多く含み、肌を引き締めたり、皮脂の分泌をコントロールする働きがあります。
抗酸化・抗炎症・抗菌作用を持ち、肌トラブルの改善や、商品の防腐効果も持っています。
昔からアメリカで傷や炎症、虫刺され等の薬として使われてきました。
効果はある成分ですが、やや刺激が強く、人によってはアレルギーを起こす可能性も。
メインの成分として大量に配合されている場合は特に注意しましょう。
ヤグルマギク花エキス整肌肌の炎症を鎮める効果があり、肌荒れケア・ニキビケア・美白系のコスメによく配合されます。
お肌の保湿や収れん作用もあると言われています。
植物成分なのでグリチルリチン酸2Kなどの抗炎症成分と比べると抗炎症作用はおそらくおだやかです。
ローマカミツレ花エキス整肌ローマカミツレの花から抽出される植物由来エキスです。
抗炎症以外にも抗菌や皮膚代謝促進も期待できます。
ベースほぼすべての化粧品に成分を溶かし込むために配合されています。
水自体に特別な効果はありませんが、刺激やアレルギーなどのリスクもありません。
BGベース(保湿)化粧品のベースとしてよく使われる保湿成分です。
低刺激で、グリセリンに比べて保湿力は劣りますがさっぱりした使用感です。
1%以下(成分表示の後方に表示)の場合は、成分を溶かし込むためなどの目的で配合されており、影響はほぼありません。
PEG-7(カプリル/カプリン酸)グリセリズ洗浄非イオン(ノニオン)界面活性剤です。
洗顔料やクレンジングなどに配合すると、洗浄力を向上しつつ、洗い流してもしっとり感が残ります。
香料などを溶かし込む役割も持っています。
フェノキシエタノール防腐剤防腐剤です。エタノール(アルコール)とは異なる成分です。
抗菌作用が高く、製品中での微生物の繁殖を防ぎます。
高濃度では刺激になる可能性もありますが、化粧品では1%以下でしか配合できず、刺激はほぼありません。
DUO ザ クレンジングバームの特徴
  • 肌の上でトロリとなじんで汚れもメイクもしっかりオフ
  • クレンジング・洗顔・角質ケア・マッサージ・トリートメントの5つの機能
  • W洗顔不要、まつエクOK

関連記事