【成分解析】 イプサ ザ・タイムR アクア

イプサ ザ・タイムR アクアの成分解析です。

わかりやすく書かれていないので知らない方も多いのですが、イプサは資生堂の小会社として設立したブランドです。

なので、資生堂が開発した独自成分を流用することで、開発コストを抑えて良い成分を配合することができます。

さらにデパコスなので、イプサ独自の成分の研究にお金が使えて「資生堂の独自成分とイプサの独自成分」をどちらも使える、贅沢なブランドなんです。

全成分

有効成分:トラネキサム酸,グリチルリチン酸ジカリウム

その他の成分:アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム,dl-α-トコフェロール2-L-アスコルビン酸リン酸ジエステルカリウム塩,シャクヤクエキス,精製水,ジプロピレングリコール,濃グリセリン,ポリオキシエチレン(14)ポリオキシプロピレン(7)ジメチルエーテル,ポリオキシエチレン(17)ポリオキシプロピレン(4)ジメチルエーテル,ソルビット液,エデト酸二ナトリウム,クエン酸,ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンデシルテトラデシルエーテル,2-メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン・メタクリル酸ブチル共重合体液,1,3-ブチレングリコール,クエン酸ナトリウム,ピロ亜硫酸ナトリウム,ノバラエキス,マヨラナエキス,テンチャエキス,フェノキシエタノール

イプサ ザ・タイムR アクアの成分解析

医薬部外品なので、有効成分から解説していきます。

有効成分(トラネキサム酸)

トラネキサム酸はいろんな会社のコスメに使われていますが、元は資生堂が開発した成分です。

資生堂の肌荒れケア・美白系のコスメでは、特によく使われていますね。

トラネキサム酸はメラニンの生成を防ぐ美白有効成分ですが、肌荒れを防ぐ役割も持っています。

有効成分(グリチルリチン酸ジカリウム)

医薬部外品に使われるド定番の成分です。

抗炎症成分で、ニキビを含む肌荒れを予防してくれます。

特に珍しいものではありませんが、入っているメリットは大きい成分ですね。

その他の成分

化粧品の場合は1%以上の成分を濃度順に書く義務がありますが、医薬部外品は順不同です。

イプサ ザ・タイムR アクアのその他の成分は「アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム」から始まっていますが、ヒアルロン酸が一番高濃度ってことはないので、全成分は濃度順ではなさそうですね。

気になったものをピックアップして紹介します。

アクアプレゼンターIII

  • アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム
  • ポリオキシエチレン(14) ポリオキシプロピレン(7) ジメチルエーテル(=アクアインプール)
  • ポリオキシエチレン(17) ポリオキシプロピレン(4) ジメチルエーテル(=アクアインプール)
  • 2-メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン・メタクリル酸ブチル共重合体液(=リピジュア)

この4つからなる複合成分は「アクアプレゼンターIII」と呼ばれています。

それぞれの成分を単体で見ても、なかなか良い保湿成分です。

資生堂の独自成分であるアクアインプールも入っており、他社のコスメでは真似できない処方です。

水分をたっぷり抱え込む水溶性の保湿成分が肌に水の層を作り、水分の蒸発を防ぎながら、時間差で角質層にぐんぐん送り込まれていく成分です。

保湿成分としての性能は、かなり期待できそうな予感✨

dl-α-トコフェロール2-L-アスコルビン酸リン酸ジエステルカリウム塩

水溶性のビタミンCE誘導体です。

抗酸化作用やお肌のターンオーバーを助ける役割があります。

アルビオンやコスメデコルテなどのデパコスブランドでも使われている成分。

プチプラでも探せば少しはあるんですが、基本はデパコス仕様の成分です。

植物エキス類

  • シャクヤクエキス
  • ノバラエキス
  • マヨラナエキス
  • テンチャエキス

4つの植物エキスが整肌成分として入っています。

どれも作用がやや強めの植物エキスエキスですね。

濃度によってはけっこう効果がありそうだけど、肌に合わないと刺激になる人もいるかもしれません。

その他の保湿成分

  • DPG:一般的な保湿成分。低コストで簡単に配合できるが、濃度が高いと少し刺激になる成分。イプサなのでそこはちゃんと考えて配合していると思います。
  • 濃グリセリン:一般的な保湿成分。しっとり&低刺激。
  • ソルビット液:一般的な保湿成分。しっとり&低刺激。

敏感肌・ニキビ肌適正が高そう

エタノール不使用で、乳化剤や防腐剤なども低刺激な成分で作られています。

植物エキスがやや強めのものなので、濃度次第では肌に合わない人も出てくるかもしれませんが、基本的には敏感肌でも使えそうな設計です。

オイルフリーでノンコメドジェニックテストも行っているので、ニキビ肌との相性も良いです。

グリセリンが入っているので濃度次第では合わない人もいるかもしれませんが、ノンコメドジェニックテスト済みなので、安心して使える部類だと思います。

「ニキビが消える魔法の水」ってどういうこと?

インスタの発見で「マジでニキビが消える魔法の水」と紹介されていました。

日本の法律上「ニキビが消える」という効果効能を書いて化粧品を売ったらアウトなので、公式がそういった効果効能を謳って販売している商品ではありません。

公式サイトの説明も「有効成分が肌荒れや大人の肌のニキビを防ぎます。」という記載。

(もしかしたら店頭でBAさんがそういう説明をしてるって可能性はあるかも。それも法律的にはアウトだけど)

インスタの投稿は個人の感想だから、グレーゾーンって感じですね💦

本当にニキビに効果があるの?

成分が強めのニキビケアコスメ(プロアクティブとかオードムーゲとか)に入っているような、強い殺菌成分は入っていません。

殺菌成分が入っていない分肌には優しいけど、そんなに強い即効性は期待できないかな。

有効成分であるトラネキサム酸とグリチルリチン酸ジカリウムに「肌荒れ防止」の効果があるので、ニキビの炎症をケアしてくれます。

また、独自の成分として入っているアクアプレゼンターIIIでお肌に水分を蓄えたり、植物エキスなどの成分で肌環境を整えることができます。

(法律上、ニキビが消えるコスメとして紹介することはできませんが)肌の炎症を抑えたり、肌環境を改善することで、ニキビのできにくい肌作りに役に立つ化粧水だとは思います。

成分解析のまとめ

  • 2つの抗炎症成分を配合
  • お肌のうるおいキープに良い、高機能な独自成分(アクアプレゼンターIII)が入っている
  • 法律上「ニキビが消える化粧品」として売ることは出来ないが、低刺激でニキビ予防に良い成分が入っている
トラネキサム酸美白メラニンを生成を抑制する効果がある成分です。
2002年に資生堂の申請により医薬部外品の有効成分として承認されています。
肝斑に対しても効果を発揮します。抗炎症作用も持っています。
グリチルリチン酸ジカリウム整肌肌の炎症を鎮める効果があり、肌荒れケア・ニキビケア・美白系のコスメによく配合されます。
有効成分として配合できる成分で、ある程度の濃度があれば、けっこうすぐに効果が現れます。
抗炎症成分が複数配合されていたり、他の抗炎症系コスメと重ね塗りしたり、長期的に使いすぎると、刺激になったり、肌本来の機能が弱まる可能性もあるので注意。
アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム保湿ヒアルロン酸Naの7倍の吸着性、2倍の保湿性を持ちます。
とろみがないので商品のテクスチャに変化を与えません。
普通のヒアルロン酸と比べて高価な原料です。
dl-α-トコフェロール2-L-アスコルビン酸リン酸ジエステルカリウム塩抗酸化水溶性のビタミンCE誘導体です。
抗酸化作用が高く、肌のターンオーバー促進、保湿、抗炎症、ニキビ予防などの作用があると言われています。
コストの高い成分で、プチプラ化粧品にはあまり配合されません。
シャクヤクエキス植物エキスシャクヤクの根から採れる植物成分です。
メラニンの生成を抑制する美白効果を持ちます。
美白以外にも抗炎症、抗酸化、ターンオーバー促進、血行促進などの作用があると言われています。
精製水ベースほぼすべての化粧品に成分を溶かし込むために配合されています。
水自体に特別な効果はありませんが、刺激やアレルギーなどのリスクもありません。
ジプロピレングリコールベース(保湿)「DPG」と呼ばれ、化粧品のベースとしてよく使われる保湿成分です。
さっぱり系の使用感で、低コストで配合できるのが特徴です。
眼睛刺激やわずかな皮膚刺激の可能性があり、無理に避けるほどではありませんが、濃度が高いものは注意しましょう。
濃グリセリン保湿化粧品によく使われる低刺激な保湿成分です。
一般的なグリセリンは85%前後の濃度ですが、濃グリセリンは95%以上の濃度。
グリセリンよりもさらに保湿力が高く、重いテクスチャをしています。
ポリオキシエチレン(14)ポリオキシプロピレン(7)ジメチルエーテル保湿アクアインプールとも言われる、資生堂独自の保湿成分です。
水にも油にも馴染みやすい保湿成分です。
高い保湿力を持ち、使用感も良く、肌のキメを改善冴える効果が期待されています。
ポリオキシエチレン(17)ポリオキシプロピレン(4)ジメチルエーテル保湿アクアインプールとも言われる、資生堂独自の保湿成分です。
水にも油にも馴染みやすい保湿成分です。
高い保湿力を持ち、使用感も良く、肌のキメを改善冴える効果が期待されています。
ソルビット液保湿化粧品でよく使われる一般的な保湿成分です。
粘度が高いので、増粘剤としての役割も果たします。
エデト酸二ナトリウムキレート製品の金属イオンを封鎖して品質を維持します。
刺激の可能性も指摘されていますが、化粧品に少し配合される程度ではそれほど影響はありません。
品質の維持に意味のある成分ですし、無理に避ける必要はないでしょう。
クエン酸ph調整製品を酸性にするph調整剤です。
収れん作用を持ち、毛穴ケアやお肌のキメを整える効果も期待できます。
ph調整剤のため1%以下で配合されている場合は刺激はありませんが、ピーリング目的にたくさん配合されていると刺激になりやすいので注意です。
ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンデシルテトラデシルエーテル乳化非イオン(ノニオン)界面活性剤です。界面活性剤ですが刺激はほぼありません。
製品を乳化します。
2-メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン・メタクリル酸ブチル共重合体液保湿「リピジュア」と呼ばれる保湿成分です。
ヒアルロン酸の2倍の保湿性があり、洗い流しても皮膚に残ってうるおいを与え続けます。
医療で人工血管などにも使用されている、安全性の高い成分です。
1,3-ブチレングリコールベース(保湿)「BG」と呼ばれ、化粧品のベースとしてよく使われる保湿成分です。
低刺激で、グリセリンに比べて保湿力は劣りますが、さっぱりした使用感です。
1%以下(成分表示の後方に表示)の場合は、成分を溶かし込むためなどの目的で配合されており、影響はほぼありません。
クエン酸ナトリウムph調整製品をアルカリ性にするph調整剤です。
キレート(金属イオン封鎖)や酸化防止の役割も。
ph調整剤のため1%以下で配合されている場合は刺激はほぼありません。
ピロ亜硫酸ナトリウム酸化防止通常の酸化防止剤は油溶性のものが多いですが、ピロ亜硫酸Naは水に溶ける性質を持ちます。
水分を多く含むコスメの酸化防止剤として使用されます。
ノバラエキス保湿植物(バラ)から採れる保湿成分です。
ビタミンA、ビタミンC、ミネラルを多く含み、角質層に水分を与えてお肌を保湿します。
抗酸化、色素沈着抑制、抗老化、収れん作用が期待できます。
マヨラナエキス保湿古来から薬草として使われる成分で、肌でのヒアルロン酸の生成をサポートしてくれます。
保湿以外にも抗炎症、美白、頭皮ケアなどの作用があると言われています。
テンチャエキス植物エキスバラ科の甜茶の葉から採れる植物エキスです。
ポリフェノールを多く含み、資生堂の研究により、ほうれい線を予防・改善する効果が発見されました。
フェノキシエタノール防腐剤防腐剤です。エタノール(アルコール)とは異なる成分です。
抗菌作用が高く、製品中での微生物の繁殖を防ぎます。
高濃度では刺激になる可能性もありますが、化粧品では1%以下でしか配合できず、刺激はほぼありません。
ザ・タイムR アクアの特徴
  • うるおい成分を抱えた水の層を肌表面につくり、キメを整え、ぷるぷると水をまとったようなみずみずしい感触を持続させる薬用化粧水
  • イプサ独自の保湿成分「アクアプレゼンターIII」が、肌表面にうるおい成分を留まらせる人工的な水*の層をつくり、乾燥状態に応じて水分を与えるとともに逃さないようにするので、肌が水で満たされた状態が持続

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です