【成分解析】アルビオン エクラフチュールd

アルビオンの美容液・エクラフチュールdの成分解析です。

洗顔後すぐの肌に使う、導入美容液のようなアイテム。

私もサンプルを使ったことがあり、使用感はすごく良かったアイテムです。

>>アルビオン エクラフチュール dのレビューはこちら

水・BG・グリセリン・PG・エタノール・ジメチコン・水添レシチン・PCA-Na・アスコルビン酸Na・アセチルグルタミン酸・アルギニン・エビヅル葉エキス・カワラヨモギ花エキス・シトルリン・セリン・チョウジエキス・テオブロマグランジフロルム種子脂・テトラヘキシルデカン酸アスコルビル・トコフェロール・ヒアルロン酸Na・ヒスチジン・ピリドキシンHCl・EDTA-2Na・オリゴペプチド-56アミドPEG-75メチルエーテル・オレイン酸・カプリル酸グリセリル・カルボマー・キサンタンガム・コレステロール・セラミドNG・セラミドNP・パルミチン酸・フィトスフィンゴシン・水酸化Na・乳酸Na・フェノキシエタノール・香料

主な美容成分はビタミンC誘導体とセラミド。

ビタミンC誘導体は《アスコルビン酸Na》《テトラヘキシルデカン酸アスコルビル》の2種類。

どちらもプチプラでもよく見かけるもので、特にスゴいって所はないです。

有効成分ではないので美白効果は謳えず「透明感をサポートしたりお肌を整える成分」って感じですね。

セラミドは《セラミドNG》《セラミドNP》の2種類のヒト型セラミド。

肌の水分保持やバリア機能に重要な良い成分ですが、これもデパコスじゃなくても入ってます。

あとは一般的な保湿成分や、植物エキスがいくつか入っていますね。

アルビオンは植物エキスに力を入れているブランドなので、何かしらの効果は期待できるかも。

エビヅル葉エキス、テオブロマグランジフロルム種子脂、オリゴペプチド-56アミドPEG-75メチルエーテルの3つは「ナノセスタEX」と呼ばれる原料です。

アルビオン独自の原料で、浸透性や肌なじみをアップしてくれます。

テクスチャ調整系の成分では、使ったあとにすぐにツルンとするんですが、これはジメチコンによる軽いコーティング効果のおかげで、使った瞬間に肌の質感が変わっているわけではありません。

気になる点を挙げると、PGとエタノールが多めに入っているので、ちょっと刺激になるかも。

良い美容成分や独自の原料を使っている点は魅力的ですが、40mlで11,000円という価格に見合った価値があるかと聞かれると、なんとも言えないところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'add_script_to_footer' not found or invalid function name in /home/ayamamablog/beauty-trendblog.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 292