ありすのおすすめスキンケア

男性のスキンケアの選び方(男女の肌の違いから考えよう)

男女の肌の違いから考える、男性のスキンケア選びのコツをまとめてみました。

今回は男性向けの内容ですが、女性でも、恋人・配偶者・息子などの身近な人がスキンケアに悩んだときに必要な知識として、読んで頂けると嬉しいです。

男女の肌質の違い

男性女性
厚さ厚い薄い
皮脂量女性の2~3倍少ない
水分蒸散量女性の倍以上少ない
水分量女性の半分以下多い

あくまでも平均的な話なので個人差はありますが、男性の肌は女性に比べて「厚みがあって、皮脂が多く、水分が少ない」ことが特徴です。

油分が多いので表面はしっとりしやすいのですが、お肌の中では水分が不足している、インナードライ状態になりやすいのです。

男性のスキンケア選びのコツ

男女の肌の違いからわかる、男性のスキンケア選びで重視したいことは2つ。

  • お肌にうるおい(水分)をしっかり与え、抱え込める
  • 油分が多すぎない

この2点を心がけて探すと、肌に合うものが見つかりやすいです。

アイテムでいうと、化粧水や美容液などの水分を補うアイテムを特に重視して、しっかり塗り込むこと。

クリームやオイル系のスキンケアは、使わない方が良いパターンも多いです。

ただし化粧水だけだと水分が蒸発してしまうので、乳液やジェルは使った方が良いかな。

もちろん個人差はあり、男性でも油分が不足しがちな人や皮膚が薄くてデリケートな人はいます。

実際のお肌をしっかり見て、適切なスキンケアを探しましょう。

メンズ用コスメはイマイチ?

最近はメンズ用のスキンケアラインが多く出ていますが、メンズ用は「べたつかない、さっぱりした使用感」を重視しがちな傾向があります。

「美容成分の内容がイマイチ」「エタノールの濃度が高く、刺激や乾燥の原因になりそう」といったものが多いのが現状です。

男性向けコスメがすべて悪いとは言いませんが「メンズ用」にこだわらずに探したほうが、良いコスメに出会える可能性が高いのは事実です。

メンズ用で良いなと思うのはオルビスミスター。

エタノールフリーで、男性肌に不足しがちな水分をしっかり与える構成になっています。

オルビスミスターは980円でライン使いできるお試しセットも売っています。

落とすケアは強くても良いことも

最初に書いた男女の肌の違いには「男性の方が肌が厚い」という特徴がありました。

男性の肌は女性よりも分厚い&硬く、古い角質や毛穴の汚れも溜まりやすいんです。

女性の肌に合わせたマイルドなピーリングや毛穴ケアコスメでは、あまり効果を感じないことも。

もちろん個人差はありますが、落とすケアに関しては多少強めのものを使ってもOKだったりします。

ただし落とすケアをがっつりした後は、スキンケアを丁寧に!

また、日常的に使う洗顔料で、メンズ向けの洗浄力がかなり強いものを使い続けていると、乾燥の原因になるかもしれないので注意です。

男性が重視したい、もうひとつのスキンケア

男性特有の肌悩みはヒゲ剃りによって肌を傷めてしまうこと。

一番良いのは、脱毛してヒゲ剃り自体を不要にしたり、頻度を落とすこと。

脱毛せずに剃るなら、専用のジェルやクリームを使って肌へのダメージを少しでも減らしましょう。

また、肌荒れを防ぐ有効成分の入った、医薬部外品をデイリー使いするのもおすすめです。

有効成分に「グリチルリチン酸~」が書いてあるものがおすすめだよ!

関連記事
ありす

ありす

美容ブロガー・日本化粧検定1級

美容、メイク、おしゃれ等にはまっている20代の3児のママ。
コスメレビュー、コスメ成分解析、コスメサブスク、ファッションレンタルなどの情報を発信しています。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です