ありすのおすすめスキンケア

シスレーはなぜ高い?理由と本当に効果はあるの?

こんにちは✨美容ブロガーのありすです。

Instagramで1.5万人にスキンケア情報を発信するコスメコンシェルジュエージェンシー(日本化粧品検定1級)のありすです✨

【毎日更新中】Instagramはこちら⇒@alice_kaiseki

今回は超高額デパコスブランド・シスレー(sisley)についてのお話です。

シスレー(sisley)ってどんなブランドなの?

まずはシスレー(sisley)のブランド背景から紹介します。

シスレーは1976年にフランスのとある夫婦が創業したブランドです。

製品の製造・管理・研究はフランス国内で行われており、日本の正規流通品は「シスレージャパン株式会社」という会社が輸入・販売しています。

効果のキーとなっているのは植物や海藻などから採れる天然の成分。

詳しくは後述しますが、フィトコスメトロジー(植物美容学)を元に天然成分の有用性を徹底研究し、使用感や効果を感じられる濃度で配合しています。

「海外ブランド」の罠

これはシスレーに限らず、すべての海外ブランドに言える話です。

海外ブランドは「その国の環境や、国民の肌質」に合わせて作られています。

シスレーはフランスのブランドなので、日本よりも気温が低く乾燥している気候。

水道水が硬水なので拭き取り化粧水・拭き取りクレンジングの使用者が日本より多いのも特徴です。

また、日本人より角質層が厚いため、刺激に強い肌質の人が多いんです。

つまり海外のブランドは「日本の環境、日本人の肌質」に合わせて作られた日本のブランドと比べると、日本人の肌に合わない可能性が高いんですよね。

致命的な欠点ではなく、海外ブランドには海外ブランドの良さがあるよ。

でも敏感肌の人、肌に優しいことを重視する人なら国内ブランドの方が安定かな。

どんな人がターゲット?

完全にセレブ層がターゲットです。

1アイテム1万円~なので、普通の会社員が継続するのは苦しい価格設定です。

ある程度シスレーでスキンケアを揃えようと思うと、月10万ぐらいはかかってきます。

しかも月10万美容に使えるなら、クリニックでレーザーやフォトフェイシャルをした方が、圧倒的にコスパは良いです。

  • 「コスパ」を気にせずに、「優秀な植物成分」と「気持ち良い使用感」のために、高い出費を惜しみなく払える
  • シスレーに高い金額を使っても、他のスキンケアやメイク、美容医療に使う経済力がある

こういう人がシスレーのメインターゲットです。

ちなみにそこまで美容予算がない人でも「自分へのご褒美」として背伸びして買うのなら別にOK。

でも「美への投資」という認識で無理してシスレーを買うのは勿体ないです。

「美への投資」なら[ビタミンC][レチノール]など普通に良い成分が入った5,000円ぐらいのスキンケアを継続するか、美容医療に頼ったほうが、コスパは良いです。

年齢層は?

成分やブランドイメージ的には決まった年齢層はありません。

ただ、がっつりエイジングケアって感じではないので、超高額系デパコスの中では少し若めかな~って印象。

実際の店舗には若いお客さんも、還暦以上のお客さんもいます。

シスレーが高い理由

シスレーのスキンケア製品の価格設定は1万円~が基本。

高いものだと1個で5万円超えのアイテムもあります。

デパコスの中でもかなり強気な価格設定ですが、高い理由はコレです。

天然成分はお金がかかる

植物エキス・植物油・海藻エキスなどのことですね。

原料を買えば簡単に配合できるので、1,000円以下のスキンケアにもよく入っています。

日本には薬機法という法律があって公式が発表することはできませんが、原料のデータだと「チロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用」「SOD様活性による抗酸化作用」といった有用性が確認されいてる成分がたくさん出回っています。

でも天然成分って原価がすごく高いものが多いんです。

原料のデータで出ているような効果を発揮する濃度で入れるとめちゃくちゃお金がかかります。

シスレーは天然成分の有用性を活かすため、きちんと濃度を入れているので、価格が高くなっているんです。

天然成分を自社で研究・開発

さきほどは「天然成分は原料を買えば簡単に配合できる」と書いたのですが、シスレーは他社から買った原料を混ぜているだけではありません。

自社で原料の選定・研究・開発を行っているんです。

天然成分の自社開発は他のブランドでもある話ですが、シスレーは特にこの部分に時間とお金をかけているので、商品価格が高くなっています。

1商品を作るためにとんでもない金額をかけてフィトコスメトロジー研究を行うのがシスレーのやり方です。

シスレーって本当に効果はあるの?

ハイレベルな研究を行って開発したスキンケアなので、その辺のプチプラコスメに比べると、保湿・整肌効果に優れた製品が多いとは思います。

でも、2万円だから2,000円の10倍綺麗になれるとは限らないし、そもそも肌との相性があるので効果が出るかは人それぞれです。

特にシスレーは植物や海藻由来の天然成分が多く入っているので、合う・合わないは大きく分かれるんじゃないかな。

まとめ

シスレーの製品はめちゃくちゃ高いですが、高いなりにきちんと研究をして、お金をかけたスキンケア製品を開発しています。

効果だけじゃなく、使用感・香り・容器などの世界観の部分にお金をかけています。

「高いからぼったくり」って事はないです。

でもコスパが良いかと言われると、全く頷けない価格設定。

そもそもコスパを気にする人がターゲットではなく、シスレーを買っても他の美容に費やせるお金がたくさんある人が使い続けるブランドです。

ありす

ありす

美容ブロガー・日本化粧検定1級

美容、メイク、おしゃれ等にはまっている20代の3児のママ。
コスメレビュー、コスメ成分解析、コスメサブスク、ファッションレンタルなどの情報を発信しています。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。