【成分解析】メラノCC 薬用しみ集中対策 プレミアム美容液(メンソレータムRホワイトCGP)

メラノCC 薬用しみ集中対策 プレミアム美容液の成分解析です。

今年発売されたばかりのメラノCCの新作美容液。

従来の美容液(通常版)がなくなったわけではなく、「プレミアム美容液」として新たに発売されました。

通常版とパッケージが似ているのですが、前面中央に黒背景で「集中対策プレミアム美容液」という文字があり、箱全体が光っているのがプレミアムです。

メラノCC美容液、通常タイプとプレミアムの違い

インスタの方でリクエストを頂いたのでブログにも書くのですが、実はこの製品、話題になりすぎて専門家の方々の解析が既に挙げられています。

同じコスメの同じ成分を見て解析するので、同じ話になりがち、専門家の方々の解析を参考に各部分も多いと思います。

専門家の情報を参考にしつつ「化粧品が好きでユーザーとして使っているアラサー女子」としての視点で評価していきたいと思います。

ありす

ありす

いろんな化粧品をレビューしている立場でいうのアレですが、部分的な肌悩み(ニキビや黒ずみなど)には、高い化粧品を試す前に、まずはメラノCCプレミアム美容液を1本買ってみるのが良いかもしれません。

>>レビュー記事はこちら

メラノCC 薬用しみ集中対策 プレミアム美容液の成分解析

公式サイトやパッケージには効果効能には以下のようなことが書かれていました。

メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ。にきびを防ぐ。肌あれ。あれ性。油性肌。肌をひきしめる。肌を清浄にする。肌を整える。皮フをすこやかに保つ。皮フにうるおいを与える。

そして、この製品の最大の特徴は、有効成分が4種類入っているということ。

医薬部外品を作るには、定められた有効成分をただ入れるだけでなく「きちんと効果があるか」の審査を受けて承認する必要があるんです。

4つの有効成分の役割を解説

つまり「4種類の有効成分が入っている」というだけでも、スゴイことなんです。

有効成分の概要については、公式サイトに出ている画像が一番わかりやすいので、載せておきますね。

アラントイン

アラントインは抗炎症系の成分。

通常タイプの有効成分になっていて、薬用コスメで最もよく使われる有効成分の「グリチルリチン酸2K」に比べて、抗炎症作用が強い成分です。

イソプロピルメチルフェノール

イソプロピルメチルフェノールは強い殺菌作用を持つ成分。

ニキビケアコスメだけでなく、デオドラント製品やハンドソープにもよく使われています。

菌を殺す成分なので、ニキビケアに即効性が高いのですが、刺激になったり、肌に必要な良い菌まで殺菌してしまう可能性もあります。

長期的に顔全体に塗り続けるのは、少し怖い成分です。

ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)

ピリドキシン塩酸塩は皮脂抑制の有効成分として配合されていますが、肌のビタミンB6が不足すると肌荒れを起こしやすいので、肌荒れを防ぐ効果も期待できます。

「皮脂を抑える有効成分」なので、お肌の油分が不足しがちな人が使うと乾燥しやすいので注意してください。

アスコルビン酸

強い抗酸化力を持つ、シミ予防成分です。

薬機法の都合上、公式からは「シミ予防成分」としか言えません。

しかし還元作用が強い成分なので、(理論上は)長期的に塗り続けているとそれ以上の効果もあるかもしれないと言われているんです。

アスコルビン酸は「ビタミンCそのもの」なので誘導体化された「ビタミンC誘導体」よりも高い効果が期待できます。

アスコルビン酸の安定配合に関する特許を出願

特許に関する情報はすみしょうさんの動画を参考にさせていただきました。

特許:アスコルビン酸及び/又はその塩を含有する外用組成物(アスコルビン酸、プロパンジオール、3-Oエチルアスコルビン酸)

特許:アスコルビン酸及び/又はその塩を含有する外用組成物(アスコルビン酸、3-Oエチルアスコルビン酸、PEG-8に関する特許)

どちらも安定性が低く、配合することが難しい「アスコルビン酸(ビタミンC)」を、化粧品に安定して配合するための特許です。

アスコルビン酸はビタミンCそのもののことで、ビタミンC誘導体よりも強い効果があるのですが、安定性が低いので化粧品に配合するのは難しい成分。

安定化の技術はロート製薬が特許を出願しているため、他社のコスメでは真似できない処方なんです。

その他の成分にも3種類のビタミンC

  • 3-O-エチルアスコルビン酸
  • L-アスコルビン酸2-グルコシド
  • ビタミンCテトライソパルミテート(VCIP)

この製品では有効成分ではないので公式サイトには「うるおい成分」としか書かれていませんが、3つとも美白コスメの有効成分として承認されている成分です。

L-アスコルビン酸2-グルコシドは低刺激な分あまり効果はないと言われているのですが、[3-O-エチルアスコルビン酸][ビタミンCテトライソパルミテート(VCIP)]は他のコスメではメインの美容成分になるぐらい豪華な美容成分です。

濃度は公表されていませんが、有効成分のアスコルビン酸を含めて4種類のビタミンCが配合されているので、効果はかなり期待できるのではないでしょうか。

他の美容成分もチェック

  • ビタミンE・・・抗酸化
  • アルピニアカツマダイ種子エキス(アルピニアホワイト)・・・保湿、透明感
  • レモンエキス・・・保湿、引き締め
  • グレープフルーツエキス・・・保湿、引き締め
  • セリン・・・保湿
  • BG・・・保湿
  • 1,3-プロパンジオール・・・保湿、抗菌
  • 3-メチル-1,3-ブタンジオール・・・保湿、抗菌
  • PG・・・保湿
  • PEG-8・・・保湿

抗酸化・透明感・引き締めなど、有効成分と同じようなコンセプトを持つ美容成分が主に配合されています。

後半の保湿成分は、PGを始めとした刺激になりやすい成分がいくつか含まれていますが、これは「アスコルビン酸などの成分を安定化させたり、浸透させるため」に配合されているのでしょう。

調整系の成分は?

  • 無水エタノール・・・他の成分を溶かし込むため?
  • POE・POPデシルテトラデシルエーテル・・・乳化
  • ピロ亜硫酸Na・・・酸化防止
  • エデト酸塩・・・キレート
  • 香料・・・香り付け

エタノールが入っています。その他の成分が濃度順に書かれていない商品なので濃度は不明です。苦手な人は注意してください。

あとの成分は特に気になる部分はありませんでした。

通常verのメラノCC美容液とはどう違うの?

通常verプレミアム
価格約1,180円
※オープン価格
約1,480円
※オープン価格
有効成分アスコルビン酸(活性型ビタミンC)、トコフェロール酢酸エステル(ビタミンE誘導体)、グリチルリチン酸ジカリウム、イソプロピルメチルフェノールアスコルビン酸(活性型ビタミンC)、ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)、アラントイン、イソプロピルメチルフェノール
その他の成分ビタミンCテトライソパルミテート、エトキシジグリコール、アルピニアカツマダイ種子エキス(アルピニアホワイト)、BG、エデト酸塩、粘度調整剤、香料3-O-エチルアスコルビン酸、L-アスコルビン酸2-グルコシド(アスコルビルグルコシド)、ビタミンCテトライソパルミテート、ビタミンE、アルピニアカツマダイ種子エキス、レモンエキス、グレープフルーツエキス、セリン、BG、1,3-プロパンジオール、3-メチル-1,3-ブタンジオール、PG、PEG-8、無水エタノール、POE・POPデシルテトラデシルエーテル、ピロ亜硫酸Na、エデト酸塩、香料
ビタミンCの種類アスコルビン酸、ビタミンCテトライソパルミテートアスコルビン酸、3-O-エチルアスコルビン酸、L-アスコルビン酸2-グルコシド、ビタミンCテトライソパルミテート

有効成分はどちらも4種類。うち2種類は異なるものです。

通常のみの2種類は肌荒れ防止成分。プレミアムのみの2種類は肌荒れ防止成分と皮脂抑制成分です。

ざっくり説明すると「プレミアム」には、皮脂抑制系の有効成分が加わったってところですね。

また、通常は2種類のビタミンC(アスコルビン酸、ビタミンCテトライソパルミテート)なのに対し、プレミアムでは[3-O-エチルアスコルビン酸][L-アスコルビン酸2-グルコシド]の2種類が追加されています。

あとはアスコルビン酸の安定化技術が異なります。

通常タイプは昔から使われてきたロート製薬の技術で、エトキシジグリコールで安定化しているのですが、エトキシジグリコールはやや刺激になりやすいと言われる成分。

プレミアムはPEG-8やプロパンジオール、他のビタミンC誘導体などを使った新技術で安定化しています。

これらも全く低刺激とはいい切れませんが、通常タイプのエトキシジグリコールによる安定化よりは刺激になりにくいと言われています。

あとはあまり大きな差はないと思いますが、プレミアムのみ植物エキス(レモンエキス、グレープフルーツエキス)が追加で配合されています。

オバジCセラムよりコスパが良い?

オバジCセラムはメラノCCは、どちらもロート製薬のコスメで、ロート製薬のビタミンC安定化の技術が公表されています。

オバジCセラムは濃度を公表しており、ビタミンCの濃度が5~25%まで5種類が選べます。

価格は濃度によって3,300~11,000円で、一番安い5%でもメラノCの美容液より高額です。

メラノCCは濃度は非公表ですが、医薬部外品としての承認を受けようと思うと、オバジCセラムの高濃度なものほど配合することは難しそう。

ビタミンC単体(アスコルビン酸)だけだと、5%以下じゃないでしょうか。

情報が公表されていないものなので詳細はわからず、他のビタミンC誘導体と合わせても5%以下かもしれないし、もっと高濃度で入っている可能性もあるかもしれません。

あとは大きな違いとして、オバジCセラムはあえて医薬部外品としての承認をとらず、ビタミンCを高濃度で配合することに特化した化粧品として販売。

一方でメラノCC美容液は4つの有効成分を入れた医薬部外品としての承認を取っています。

これに関しては「化粧品だから効果が低い」「医薬部外品だから効果が高い」といったものではなく、あくまでも「国の基準に沿った処方で承認を取っているか」という違いです。

ありす

ありす

あくまで私の予測ですが、単純に「ビタミンCの美容効果」で考えると、高濃度なオバジCセラムを使った方が高いんじゃないかと思います。

ロート製薬さんほどの大きな会社が「高いコスメと安いコスメの成分がほぼ同じ」という売り方をしないとは思うので、やはり価格の高いオバジCセラムは、何かしらのプレミアムな要素はあるでしょう。

でも、メラノCCはビタミンC以外の有効成分や美容成分もたくさん入っています。また、半年近く使える1本が2,000円以下で買えるというメリットもあるので「コスパ」で考えるとメラノCCのプレミアム美容液がおすすめです。

敏感肌&乾燥肌は使い方に注意

公式サイトによると使用方法は

洗顔後に化粧水等でお肌を整えた後、適量を手のひらにとり、
気になる部分または全体になじませてください。

との記載があり、「気になる部分だけに塗っても、顔全体に塗ってもOK」とされています。

しかしメラノCC 薬用しみ集中対策 プレミアム美容液の特性を考えると

  • 有効成分に殺菌成分(イソプロピルメチルフェノール)が入っている
  • 有効成分に皮脂抑制成分(ビタミンB6)が入っている
  • ビタミンC、ビタミンC誘導体は皮脂を抑える効果もある
  • ビタミンC、ビタミンC誘導体は人によっては刺激になりやすい
  • ビタミンCを安定化・浸透させるための成分も刺激になりやすい

という面があり、刺激や皮脂不足による可能性が非常に高いコスメなんです。

もちろんその分、美容効果も期待できるんですが、敏感肌や乾燥肌の人が顔全体に塗るのはちょっと怖い処方。

刺激や皮脂不足による乾燥が気になる人は「気になる部分にだけ使う」「油分不足が気になる場合はクリームなどを上からしっかり塗る」といった対策を取るのがおすすめです。

ありす

ありす

私は混合肌&やや敏感肌なので、鼻周りとニキビやシミが気になる部分だけ使用しています。

顔全体に継続的に塗るシミ対策コスメとしての適正は低そうなので、そこは別のコスメでカバーした方が良いかな。

成分解析のまとめ

  • 4つの有効成分で美白・皮脂抑制・抗炎症効果が期待できる
  • ビタミンC(と誘導体)が4種類入っており、高い効果が期待できる
  • 美容成分をしっかり届けるための成分が刺激になりやすいかも

>>レビュー記事はこちら

全成分の詳細

アスコルビン酸美白美白成分(メラニン還元型)です。
ビタミンC誘導体の一種で、強い還元作用を持ち、酸化で黒くなったメラニンを元に戻したり、メラニンの酸化を予防する効果があります。
理論上では高濃度ならシミを薄めることも可能な成分。
作用は強力ですが、そのままでは安定しないので、配合する難易度の高い成分。
ビタミンC誘導体として配合されることが多いです。
ピリドキシン塩酸塩皮脂抑制肌にもともとあるビタミンB6の塩酸塩です。
ビタミンB6が不足すると肌荒れなどが起こりやすくなります。
皮脂分泌をコントロールする作用もあります。
アラントイン抗炎症肌の炎症を鎮める効果があり、肌荒れケア・ニキビケア・美白系のコスメによく配合されます。
有効成分として配合できる成分で、ある程度の濃度があれば、けっこうすぐに効果が現れます。
抗炎症成分としてよく使われるグリチルリチン酸2Kと比べて、アラントインはさらに作用が強いです。
抗炎症成分が複数配合されていたり、他の抗炎症系コスメと重ね塗りしたり、長期的に使いすぎると、刺激になったり、肌本来の機能が弱まる可能性もあるので注意。
イソプロピルメチルフェノール殺菌抗菌成分です。
非常に高い抗菌効果を発揮するので、薬用ハンドソープやデオドラント、ニキビ対策系の化粧品によく配合されます。
効果は非常に高く、皮膚に必要な良い菌まで殺してしまうことがあるので、注意しましょう。
3-O-エチルアスコルビン酸透明感水溶性のビタミンC誘導体です。医薬部外品の有効成分として配合できます。
持続性・安定性が高いのが特徴です。強い還元作用を持ち、酸化で黒くなったメラニンを元に戻したり、メラニンの酸化を予防する効果があります。
(薬機法上、効果として謳うことはできませんが)高濃度ならシミを薄めることも可能な成分。
そこそこパワーのある成分なので、人によっては刺激を感じる可能性も高いです。
L-アスコルビン酸2-グルコシド透明感水溶性のビタミンC誘導体の一種で、安定性が高く、低コストで配合できるので多くの商品で使われています。
メラニン還元型で(薬機法的にはこれを使えばなるとは言えませんが)理論上では高濃度ならシミを薄めることも可能な成分。
ただし、肌にある酵素で分解できない成分なので、本当に美白効果があるのかという声も。
また、「L-アスコルビン酸 2-グルコシド」を配合した美白化粧品で白斑が出たり刺激があったというデータもあります。
どちらにしろ「おだやかな作用を持つ美白成分」と思っておいた方が良いでしょう。
かなり多くの製品に配合されている中で、ごく僅かな例なので、絶対に避けるほどではなさそう。
結論としては効果があるか微妙&リスクがあるので、あまり良い成分ではありません。
ビタミンCテトライソパルミテート抗酸化「VCIP」とも呼ばれるメラニン還元型の美白成分です。
油溶性のビタミンC誘導体の一種で、水溶性のビタミンC誘導体に比べて即効性はありませんが、皮膚浸透力に優れ、安定していて低刺激です。
ビタミンC誘導体は強い抗酸化作用を持ち、酸化で黒くなったメラニンを元に戻したり、メラニンの酸化を予防する成分。
化粧品ではなかなか難しいですが、理論上では高濃度ならシミを薄めることも可能です。
刺激はゼロではありませんが、美白成分の中ではまだ安心して使える方かなと思います。
ビタミンE酸化防止剤製品の酸化を防ぎます。
ビタミンEなので、肌への抗酸化作用も期待できます。
防腐剤の一種ですが、刺激はほとんどありません。
アルピニアカツマダイ種子エキス保湿・透明感ショウガ科のアルピニアカツマダイの種子から採れる植物成分です。
メラニンの生成を阻害する効果もあると言われています。
レモンエキス保湿レモンの果実から採れる植物成分です。
保湿、収れんなどの作用があると言われています。
グレープフルーツエキス保湿グレープフルーツの果実から採れる植物成分です。
保湿、収れん、バリア機能改善などの作用があると言われています。
セリン保湿人の肌に存在するアミノ酸の一種で、天然保湿因子にも含まれます。
他のアミノ酸と一緒に天然保湿因子に近い成分を作り上げ、保湿・肌バリアを改善します。
BGベース(保湿)化粧品のベースとしてよく使われる保湿成分です。
低刺激で、グリセリンに比べて保湿力は劣りますがさっぱりした使用感です。
1%以下(成分表示の後方に表示)の場合は、成分を溶かし込むためなどの目的で配合されており、影響はほぼありません。
1,3-プロパンジオール保湿植物由来の保湿剤です。
保湿効果と抗菌効果があります。
3-メチル-1,3-ブタンジオール防腐保湿成分です。
ソルビトールと共に配合することで、さらに効果が高まります。
補助的な防腐作用を持っているため、防腐剤の量を減らす役割もありますが、高濃度だと刺激になりやすいかも。
毛髪補修や成分を溶かしこんだり、テクスチャを調整する役割もあります。
PGベース(保湿)化粧品のベースとしてよく使われる保湿成分です。
保湿力は中間ぐらい。
昔からよく使われている成分ですが、肌に刺激になる可能性の高い成分なので、高濃度で配合されている場合は避けたほうが無難です。
PEG-8保湿ポリエチレングリコールと呼ばれる化粧品でよく使われる定番の保湿成分です。
増粘や乳化の補助効果もあります。
旧表示指定成分のひとつで、実際の刺激やそれほど毒性は高くはありませんが、高濃度で配合されているものは少し不安があります。
無水エタノールベース化粧品で「アルコール」と呼ばれている、揮発性の高い成分です。
使用感の向上、清涼感の演出、抗菌などの効果があります。
高濃度で配合されていると、ツンとしたにおいがあり、刺激や乾燥の原因になることも。
1%以下(成分表示の後方に表示)の場合は、成分を溶かし込むためなどの目的で配合されており、影響はほぼありません。
POE・POPデシルテトラデシルエーテル乳化非イオン(ノニオン)界面活性剤です。界面活性剤ですが刺激はほぼありません。
製品を水の中に油が溶け込むO/W型に乳化します。
O/W型は水に流れやすくさっぱり。乳液やクリームなどのスキンケアによく使われる乳化です。
ピロ亜硫酸Na酸化防止通常の酸化防止剤は油溶性のものが多いですが、ピロ亜硫酸Naは水に溶ける性質を持ちます。
水分を多く含むコスメの酸化防止剤として使用されます。
エデト酸塩キレート製品の金属イオンを封鎖して品質を維持します。
刺激の可能性も指摘されていますが、化粧品に少し配合される程度ではそれほど影響はありません。
品質の維持に意味のある成分ですし、無理に避ける必要はないでしょう。
香料香料製品に良い香りをつけたり、原料臭をごまかすために配合されます。
香料といっても種類はたくさんあり、種類によっては刺激性・アレルギー性が気になります。
特に美容効果があるわけではないので、香りを楽しむ目的がなければ避けたい成分です。
メラノCC 薬用しみ集中対策 プレミアム美容液の特徴
  • Wのビタミンが肌の奥深くに浸透して、しみ予防&皮脂抑制。
  • 3種のビタミンC誘導体を配合
  • 1日4~5滴の使用で半年近く使える

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'add_script_to_footer' not found or invalid function name in /home/ayamamablog/beauty-trendblog.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 292