保険適用で出来る美容治療!薬や手術が安くなる?

皮膚科、形成外科、美容皮膚科、美容外科などのクリニックでは、保険適用で美容医療を受けられます。

保険が適用になると、病気の治療と同じように自己負担3割で治療を受けたり、お薬を貰うことが可能。

エステや化粧品よりも安く、確実にキレイが手に入ります。

この記事では『保険適用でできる美容医療』や『保険適用になる条件』などをまとめてみました!

保険適用になる・ならないは医師やクリニックの判断によります。保険適用される症状でも自由診療しか扱っていないところも。事前に問い合わせるか、保険適用についてホームページに詳しく掲載されているクリニックに行くのがオススメです。

保険適用でできる美容医療

ちなみに「皮膚科」「形成外科」など、美容目的が薄い病院に行ったほうが、保険適用になる確率は高め。

『美容皮膚科』『美容外科』は自由診療になる確率が高いですが、専門性がある分、美容に関する高度な治療が受けられます。

中には保険適用での治療を積極的に行っている『美容皮膚科』『美容外科』もあるので、近くにあれば一番オススメです。

顔・身体の乾燥

顔・身体が乾燥してつらいときも、病院に行ってOKです!

乾燥肌は重いものになると『皮脂欠乏症』『乾燥性皮膚炎』など病気に分類されることもあります。

他に肌の疾患が見つかる場合もあるので、気になるなら是非受診しましょう。

保険適用でお薬が処方されるかは医師の判断次第。

保険適用外の院内販売の化粧品をオススメされる場合もあります。

どうしても保険適用で欲しい方は、美容皮膚科よりも、町のお医者さん的な皮膚科に行くのが安心。

『かゆみ』『赤ぎれ』『肌荒れ』など、乾燥による症状が出ている場合は、ほぼ確実に保険適用での治療が可能です。

 

肌荒れ

肌荒れはほとんどの皮膚科で保険適用で治療が出来ます。

ひとことで肌荒れと言っても原因は『乾燥』『アトピー』『生活習慣』『内臓疾患』『合わない化粧品』などさまざま。

症状もひとによって異なるので、実際に医師に見せないと原因と治療法はわかりません。

 

ちなみに私の場合、毎年冬になると全身(特に背中)が痒くなったり肌荒れを起こします。

最初は乾燥だと思い、ボディクリームを塗っていたのですが、良くならないので皮膚科に行くと、軽度のアトピーと診断。

ボアラ軟膏とヒルドイドソフトという塗り薬を処方され、使用したらすぐに改善されました。

 

ニキビ・ニキビ跡

ニキビ・ニキビ跡も基本的に保険適用で治療可能です。

一部のクリニックで行われている、特殊なニキビ治療は保険適用にならないものもあるので注意してください。

一番メジャーな治療法は塗り薬の処方。

他にも症状によって、皮脂を押し出す施術を受けたり、飲み薬が処方されることもあります。

 

ニキビ跡の治療も、保険適用で塗り薬、飲み薬であれば貰えます。

フォトフェイシャル等のレーザー治療は自由診療なので保険適用外です。

 

私もときどきニキビが出来るのですが、「ダラシンTゲル1%」という塗り薬ですぐに治しています。

なくなった時はいつもの皮膚科に行けば、保険適用で貰えていますよ♪

 

ほくろ

美容のためにレーザーでホクロを除去する場合は保険適用外ですが、病気の疑いがあってほくろを除去する場合は保険適用です。

きなほくろ、出っ張ったホクロ、悪性になりやすい部位(足の裏など)のほくろなどは保険適用になりやすいです。

「これ、保険適用になるのかな?」と悩むホクロでも、保険適用になることは意外と多め。

保険適用になるホクロの手術は『切除縫合』『くりぬき』などメスを使うものが主流です。

一部のクリニックでは、CO2レーザー治療での治療も受けられます。

 

ほくろの自由診療は意外と安く、保険適用外の治療でも、1万円程度で出来るクリニックもあります。

顔の目立つ場所にあるほくろが気になる人は、自由診療でも取ってしまった方が良いかも。

 

ちなみに私は、足の甲に生まれつきあった大きなほくろをくりぬき手術で除去しました。

99%大丈夫だけど、万が一悪性の可能性があるから~と保険適用で治療できました。

術後1~2年で、よく見ないとわからない程度に傷跡も消えています。

 

シミ

普通のシミ(加齢性色素沈着やそばかす)、くすみなどは保険適用外ですが『肝斑』『しみぼくろ』『扁平母斑』は保険適用で治療が可能です。

簡単に言うと『加齢によるシミ』は保険適用外ですが、『身体の異常によるシミ』は保険適用です。

身体の異常によるシミは飲み薬、レーザー治療などで薄く・目立たなくすることができます。

素人では原因を判断するのは難しいので、医師に確認してもらいましょう。

残念ながら、シミの治療は加齢性で保険適用外になるケースが多いです。

保険適用外のシミも、小さなものだと安いところで5000円程度でレーザー治療が可能です。

 

いぼ

顔・首・身体にできたイボは保険適用で治療できます。

ただし保険適用でできる治療は「液体窒素」「電気メス」など限られています。

レーザーによるイボの治療は、基本的に自由診療です。

 

傷跡やアザ

病気、怪我、やけど、手術で出来た『傷跡』。生まれつき、病気、怪我、原因不明でできた『アザ』は保険適用で治療できます。

「美容目的はNG」とされていますが、傷跡やアザはほとんどの場合、保険適用で治療できるクリニックがあります。

傷跡は手術・レーザー・テープ・塗り薬など、アザは手術・レーザーで取り除きます。

不慮の事故による傷跡やアザは保険適用になりますが、人的暴力による傷跡やアザは保険適用にならないことも。

その場合は加害者に治療費を全額請求できます。綺麗に治るまで病院に通いましょう。

 

目の整形

目の美容整形は自由診療ですが、「眼瞼下垂」「逆さまつ毛」は保険適用で治療が可能です。

眼瞼下垂は目の周囲の筋肉異常で、まぶたが垂れて開きにくく、目が小さく見えてしまいます。

コンタクトレンズを使用している人に多く見られます。

軽度なものだと加齢による目のたるみと錯覚して気づかないことも。

肩こりなど日常生活への影響も出てくるので手術をオススメします。

逆さまつげは、まつ毛が眼球に刺さり、目を傷つけてしまいます。

まつげパーマで治そうとする方もいますが、病院で治すことをオススメします。

 

多毛症(脱毛)

多毛症は体内の異常で、通常の範囲を超えて濃い・硬い毛が生えること。

女性の場合、太く長い毛がもじゃもじゃ生えたり、肌が隠れてしまう程の毛が生えていると多毛症になるかもしれません。

多毛症であれば、医療レーザー脱毛が保険適用で受けられるという情報が出回っていますが、実際のところはレーザー脱毛を保険適用にするのは難しいようです。

しかし、体内の異常を改善する内服薬は保険適用で処方されるので、多毛症の改善は保険適用内で可能です。

 

保険を使うのは悪いこと?

最近、アトピーの治療に使われる『ヒルドイド』が美容目的で処方されていることが社会問題になっています。

このニュースが流れてから「肌を綺麗にするために皮膚科に行くのは悪だ!」という意見が流れ始めました。

でも私は、少しでも気になることがあるなら皮膚科に行くのは悪いことだと思いません。

例えば年収300万円の人だと、住んでいる地域や加入している保険にもよりますが、年間20万円以上の保険料を支払っています。

自己負担は3割なので、年間約9~10万円以上病院で支払いをしている人でなければ払った金額の方が多いんです。

大きな病気や持病があった時のための保険ですが、ほとんどの人はかなりの払い損。

毎年高額な保険料を負担しているんだから、定められた保険適用の治療を受ける権利があります。

そもそも、保険適用で治療が必要かという線引きはかなり曖昧です。

  • 乾燥すると肌が荒れやすいから保湿したい人
  • 肌が乾燥して赤みやかゆみが出ている人
  • 肌が乾燥して荒れたり、出血がある人

それぞれの中でも症状は大小あります。

肌の調子は個人差がありますし、同じ人でも日によって違うので、明確な線引きはできません。

保険での治療が必要か、判断するのは医師の仕事です。

医師が許可する範囲で保険でお肌の治療をすることは悪いことではありません。

 

【これはNG】保険治療でもやってはいけないこと

保険治療で皮膚科、美容外科などに通ってもやってはいけないことがあります。

肌の状態が悪くなったり、健康保険の不正利用(詐欺罪)にあたる可能性もあるので注意しましょう。

  • 症状を偽って受診する
  • 指定された部位や使用方法と異なる使い方をする
  • 処方された薬を配布や譲渡する
  • 他人の保険証を使って受診する
  • 自分の保険証を他人に貸して受診させる

 

自由診療も悪くない!

保険は適用されないけど、皮膚科や美容外科で受けられる『自由診療』も悪くはありません。

料金は全額自己負担ですが、医師にしか出来ない医療行為に該当する治療が受けられます。

エステや市販の化粧品では出来ないレベルの治療で、効果は絶大!!

『美容』『脱毛』『痩身』『小顔』『プチ整形』などメニューは豊富♪

長期的に何度もエステに通ったり、高い化粧品を購入し続けることを考えると、自由診療でもクリニックで効果的な治療をした方が『安く』『効果的』になることも多いんですよ♪

 

美容関係の治療が充実している皮膚科・美容外科

※各治療が保険適用になるかは、治療方法・医師の判断によって異なります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です