タイツの厚さ(デニール)の違いを比較。好かれるタイツのマナーって?

タイツの厚さ(デニール)の違いを比較。好かれるタイツのマナーって?

冬のファッションの必須アイテム『タイツ』

タイツを選ぶときに一番重視するポイントは、デニール(厚さ)です。

この記事では、タイツのデニールごとの違いと、シーン別のおすすめデニールをまとめてみました。

そもそもデニールってなに?

デニールは、タイツに使われている糸の太さを表す単位です。最終的にはタイツの生地の厚さに現れます。

デニールの数値が大きいほど、温かい・丈夫なタイツに。

デニールの数値が小さいほど、むれにくい・透明感のあるタイツに仕上がります。

ただし同じデニールのタイツでも、メーカーや商品によって編み方や素材が異なり、厚さや透明感に微妙な差がでます。

ちなみに、締め付け具合はデニールと関係ありません。

30デニール

タイツの中で最も薄い部類です。

これ以下は「ストッキング」に分類されることが多いですね。

厚手のストッキングとして30デニールが販売されていることもあります。

明確な決まりはないので、どちらの名称で販売するかはメーカーの判断次第です。

薄くて破れたり伝染しやすいので、有名メーカーのちょっと良い商品を買うのが安心ですね。

30デニールのタイツは、『肌の保護や身だしなみ』を目的として履くもの。

フォーマルな場で履いたり、セクシーな印象を持たせるときに使用します。

うまく使えば、美脚効果もバツグンです。

肌がかなり透けるので、使う場面を間違えると「はしたない」「だらしない」と印象を持たれることもあるので注意しましょう。

40デニール

30デニールほどストッキングぽさがなく、タイツとしてデイリー使いで履きやすいです。

透け感のあるタイツが好きな人に人気ナンバーワンの厚さ!

フォーマルな場でもギリギリ使えるラインです。

美脚効果が高めで、透け感を残しつつ、上品な印象に仕上がります。

足の太さが気になる人は、ややむっちり見えやすいのが難点ですね。

デート、合コン、婚活など、上品な女性らしさを出したい日にオススメです。

60デニール

足全体をほんのり透けさせたいときに便利です。

60デニールぐらいなら、美脚効果を出しつつ、細見え効果もあり!

このあたりから温かく・丈夫なので、デイリー使いがしやすいです。

80デニール

厚みのある生地で、温かさや丈夫さはバッチリです。

透け感はほとんどなく(膝頭が透ける程度)、美脚効果はやや劣りますが、細見え効果は高いです。

ファッション性を重視して履くタイツとしては、80デニールが一番厚いものですね。

1番人気のある厚さで、使っている人、店頭在庫ともに一番多いのが80デニールです。

100デニール以上

100デニール以上は、ファッションより『防寒用』のタイツです。

透け感はゼロで、生地の厚みで足も太く見えることも。

見た目よりも防寒を重視したいときのタイツです。

200デニール以上

「タイツ」というよりは、レギンスパンツのような厚さになります。

さらに温かさを重視。ほとんどが裏起毛タイプで、温かさはバツグン!

生地の厚みで、足は太くみえます。

足がすごく蒸れやすいので注意しましょう。

1日中寒い外にいるシーンでは活躍します。

200デニールのタイツを探す
GUNZE(グンゼ)

シーン別!おすすめのタイツのマナー

シーンやお悩み別に、おすすめのタイツのデニール数をまとめてみました。

美脚重視は40デニール、細見え重視は60~80デニール

透け感のある40デニール以下のタイツは、脚がとても綺麗に見えます。

ただし、透け感のせいで「むっちり」見えることも。

脚の太さが気になる人には、難易度はやや高めです。

フォーマルな場で、どうしても薄いタイツが必要な場合は、さらに薄いストッキングの着用がおすすめです!

60デニール以上のタイツは透け感による美脚度は劣ります。

その分、脚をすっきり細長くみせる「痩せ見え効果」は上がります!

100デニールを超えると生地の厚さで太く見えるので、細見えを重視するなら60~80デニールがベストです。

フォーマルな場では30デニール以下が正解!

フォーマルな場で履くタイツは防寒ではなく『身だしなみ』のためのアイテムです。

「格式のあるホテル」「高級感のあるレストランや料亭」「パーティー」など、フォーマルなファッションが求められる場面では、薄いタイツやストッキングの着用がマナーです。

伝染したタイツやストッキングもマナー違反なので、予備を持っていきましょう。

勝負服なら40~50デニール

デート、合コン、婚活など女性らしさと上品さを出したい場面では40~50デニールがおすすめ。

透け感が強いと「遊んでそう」なイメージになったり、透け感がないと「堅そう」なイメージになることも。

ほどよく透けさせて、上品な女性を目指しましょう。

ただし臨機応変に対応するのが賢い女性です。

フォーマルな場面に行く場合は30~40デニールのタイツやストッキングを。

アウトドアで過ごす場合は、60デニール以上を履いたほうが、相手に気を使わせません。

目上の女性の前では60デニール以上

特に女性上司や彼ママ・義母など、目上の女性の前では、フォーマルな場を除いて透け感の強いタイツは厳禁!

タイツのキズや毛玉も見られている可能性が高いので、なるべく綺麗なものを履いていきましょう。

おしゃれを重視するなら80デニールまで

分厚いタイツは、脚が太く見えたり、コーディネート全体が重く見えがち。

おしゃれに着こなしたいんら80デニール以下を厳守です!

防寒するなら暖かいのは60デニール以上

風を通さず、温かさを得られるのは60デニール以上のタイツです。

しっかり防寒するなら100デニール以上

温かさを重視するなら100デニール以上の裏起毛タイプがおすすめ!

ただし生地の厚さで脚が太く見えたり、全体が重くみえるので、オシャレは少し捨てることになります。

暖かいけど薄いタイツが良い人は発熱タイツ

おしゃれ感を重視してタイツは薄くいたいけど、暖かさも欲しい!という方は、発熱タイプのタイツもあります。

80デニール以上の重さを回避するならカラータイツ

ネイビータイツ

80デニール以上の黒タイツは、コーディネート次第で重く見えがちです。

温かさをキープしつつ、軽く見せるにはカラータイツがおすすめ!

ネイビー、グレー、ブラウンなど暗めの色を選べば、どんな服にもコーディネートにも対応します。

カラータイツについてもっと詳しく

カラータイツの特徴まとめ。メリット・デメリットや色別おすすめコーデカラータイツの特徴まとめ。メリット・デメリットや色別おすすめコーデ

タイツに関するその他の疑問

身長が低くて生地が余る

足首あたりに生地がだぼつく方は、タイツのサイズが大きい可能性が高いです。

店頭ではあまり見かけませんが、ネットではS~Mサイズのタイツが売っています。

身長が高くて生地が足りない

L~LLサイズを買ってしまうと、横方向の生地が余ってだぼつく可能性があります。

身長165cm以上の方向けのTLトールサイズのタイツを購入しましょう。

美脚重視なら着圧タイツもあり

「とにかく美脚になりたい!」という方は、デニールにこだわらず、着圧タイプのタイツもオススメです。

履いている間細く見えるのはもちろん、足のむくみを改善してスラッと細い素足へ導いてくれますよ♪

着圧タイツのレビュー記事はこちら

エクスラリアプレミアムを着用!美脚効果はあるの?【口コミ感想】エクスラリアプレミアムを着用!美脚効果はあるの?【口コミ感想】 着圧タイツ『キュットスリム タイツ フルレングス』で美脚作り【口コミ感想】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です