ありすのおすすめスキンケア

ビューティーモールって怪しいの?【口コミ&オススメ紹介比較】

こんにちは。コスメコンシェルジュエージェンシー(日本化粧品検定1級)のありす(@alice_kaiseki)です✨

今回は超高コスパのドクターズブランド・ビューティーモールについての解説です。

  • ビューティーモールってそもそも何?怪しいの?
  • なぜビューティーモールが高コスパ?
  • ビューティーモールのデメリット
  • ビューティーモール製品を安く買う方法
  • ビューティーモールのおすすめアイテム

などなど、ビューティーモールが気になっている人にぜひ読んでいただきたい情報をまとめてみました。

タップできる目次

ビューティーモールってそもそも何?怪しいの?

Googleで「ビューティーモール」と検索と検索すると、「怪しい」という関連ワードが出てきます。

ビューティーモールってテレビや雑誌等で広告流れていないので、「知らないブランド」「怪しい」ってイメージがつきやすいんですよね。

でも「怪しいから」とビューティーモールも避けているのは、めちゃくちゃ勿体ないです。

まずは「怪しい」の誤解を解くために、ビューティーモールのブランドについて解説しますね。

ビューティーモールは医師と共同開発して作られた「ドクターズ」系のスキンケアブランドです。

開発の大元であるビューティーモール自体は、あまり大きな企業ではありません。

でも「開発に携わった医師」は、 渋谷区にある「こたろクリニック」の「吉武 光太郎 院長」です。

「こたろクリニック」は渋谷区にある形成外科、皮膚科、美容外科、美容皮膚科。

保険治療も自由診療も柔軟に行っているクリニックです。

評判を調べてみるとGoogleでの口コミが126件ついていて、評価は★4.5(MAX5)。

開発に携わった医師の評判が良いのは、安心感がありますね💕

※2022年3月時点

ちなみに「ビューティーモール」は開発・販売を行う会社で、実際に製品をしているのはOEM(受託製造)会社です。

製品によっては異なるものもありますが、主に製造しているのは 「東洋ビューティ株式会社」 。

全国に4つの工場を持っていて、KOSEや大正製薬などの大手メーカーの製品も製造している会社です。

なぜビューティーモールが高コスパ?

ビューティーモールの製品の定価は4,400~13,200円ぐらい。

普段、プチプラをメインで使用している方には、なかなか高い印象ですよね。

でも、成分を見てみると「高くても買いたい理由」がたくさん見つかるんです。

個人的にはビューティーモールの価格設定は「定価なら価格相応かちょっとお得」「セール時は価格設定おかしい。価格崩壊レベルに安い」と思っています。

ビューティーモールが高コスパな理由は、ほとんどの製品に入っている、この【FCE】の3つの成分です。

  • F→フラーレン
  • C→APPS(ビタミンC誘導体)
  • E→TPNa(ビタミンE誘導体)

どれも高い還元力を持ち、エイジングケアを始めとしたさまざまな分野で注目されている整肌成分です。

それぞれの成分を単体で使用するのではなく、オリジナルのナノカプセルとして配合することで、相乗効果でさらに効率的に働くようになっています。

【FCE】自体はもう少し安い製品に入っていることもあるのですが、原価が高いのでプチプラではごく微量しか入れることが出来ません。

そんな中、ビューティーモールは製品によっては【FCE】を1%や2%の濃度で配合しています。

数字で見ると少ないように感じますが、1%や2%は【FCE】の効果を実感するのに適正量であり、原価的な面でもほぼ限界、中身に高いお金をかけている濃度なんですよね。

「ただの保湿」よりワンランク上のスキンケアを目指すなら【FCE】はかなりおすすめの成分だよ!

ビューティーモールのデメリット

成分的にはかなりおすすめのビューティーモールですが、気になるデメリットが2つあります。

それは「万人向けではないこと」「お金は多少かかること」です。

万人向けではない

ビューティーモールは実感重視で高濃度で成分を入れているため、人によっては使ったときに少し刺激を感じる可能性があります。

特にビタミンCは肌質によってはピリピリしたり、赤みが出たり、乾燥してしまう可能性もある成分。

パワーがある分「万人向け」という点は、あまり評価は高くありません。

ただし香料や着色料などの余計なものは基本的に入れておらず、エタノールや強い界面活性剤も不使用。

レチノールや強い角質ケア系などの刺激になりやすい美容成分も基本的には入っていません。※2022年3月にレチノールクリームが発売

なのである程度「敏感肌に配慮している」部分もあり、「敏感肌だから辞めておこう」と完全に切るのも勿体ないかなぁと思います。

私から「誰でも使える」とか「低刺激」といったおすすめの仕方は出来ないよ。

もしかしたら刺激を感じることがあるかもしれないけど、肌に合えばかなりメリットが大きいブランドだから「多少のリスクを覚悟」で使ってみよう。

ちなみにビューティーモールの中では、オールインワンジェルはややライトな感じで、初めての人でも使いやすいかな。

お金は多少かかる

中身を考えると「高コスパ」ではあるものの、多少のお金はかかるブランドです。

定価は 4,400~13,200円ぐらい。

後述するセールを狙っても2,200円~5,000円以上なので、普段プチプラスキンケアを使っている人には、少し高い出費ですね、

ただどれも「1点投入」で実感できるようなアイテムなので、無理してライン使いをする必要はありません。

どの製品もだいたい1ヶ月は持つので「毎月2,200~5,000円ぐらい」の予算があれば、継続して使い続けることは可能です。

1点投入のおすすめアイテムは後述します。

ビューティーモール製品を安く買う方法

いよいよお待ちかねの「安く買う方法」の話です。

ビューティーモールを安く買う方法は3つあります。

  • 楽天のセール
  • 公式サイトの予約販売
  • 公式サイトのセール

楽天のセール

おそらく一番多くの人が使っている安く買う方法でしょう。

楽天では2つのタイミングでビューティーモール製品が半額になります。

  • 毎月第一日曜日に開催される限定セール
  • 年4回開催される楽天スーパーSALE

常に安くなるわけではありませんが、限定セールは月1回開催されるので、その日を狙えば半額で購入できます。

どちらも楽天のポイントやお買い回りの対象にもなるので、普段から楽天を利用しているならかなりお得。

また、公式サイトでは11,000円以上で送料無料になるのに対し、楽天では3,980円以上で送料無料になります。

ちなみに楽天の店舗名は「ビューティースキン」となっていますが、ビューティーモール公式の店舗一覧ページに正規代理店として書かれているので、偽物などの心配はありません。

公式サイトのセール

基本的にお得なのは月1程度で開催される、メルマガ会員限定のシークレットセールです。

価格は楽天と同じく半額がメイン。

楽天のようなポイント還元はないので、そこは微妙に感じますが、楽天でセール対象になっていないものが安くなっていることがあるので、ビューティーモールファンの方は要チェックです。

また、時期によってはプレゼントがつくこともあり、最近では15包4,100円で売られている「プラセンタ原液100美容液」が1包貰える企画がありました。

シークレットセールはメルマガで届くパスワードが必要ですが、メルマガ登録は商品を購入せず登録だけでもOK。

ビューティーモールの公式サイトからすぐに行なえるので、とりあえず登録しておくことをオススメします。

公式サイトの予約販売

これは一番見逃したくないセールです。

ビューティーモールでは新商品の発売前に「半額&送料無料で買える予約販売」が行われます。

ここで覚えておいて欲しいポイントが「新商品が発売後に半額セールの対象になるかはわからない」という点です。

楽天のセールや公式のシークレットセールは、一部対象外の商品もあります。

なので「発売して、口コミ見てから半額セールで買えば良いや」と思っていても、発売後に半額で買えるとは限らないんです。

様子見したいなら様子見したいで良いとは思いますが、欲しい気持ちが強いのなら、確実に半額で買える予約販売期間の購入をおすすめします。

※予約受付中は新着情報のところにページがあります。

ビューティーモールのおすすめアイテム

最後に「結局どれを買うのが良いの?」というお悩みにお答えします。

結論から言うと、おすすめはこの4つです。

あとは基本的に「塗り置くタイプ」のケアの方が優先。

クレンジングや洗顔料も悪いアイテムではないのですが、限られた予算の中で買うのなら、化粧水・美容液・クリームなどの肌に成分が残るものを使ったほうが効率的です。

他のアイテムを買ってもまだ予算的に大丈夫なら、洗顔やクレンジングも検討すれば良いと思います。

一応、現在出ている全製品の簡単な解説&解析を置いておきますね。

【クレンジング】ブライトピールクレンジングSP

商品名ブライトピールクレンジングSP
定価税込4,400円
内容量150ml
フラーレンマークなし
画像引用・商品公式ページ:https://www.beautymall.jp/SHOP/washcleansing.html

水性ジェルタイプのクレンジングで、W洗顔不要タイプで洗顔&角質ケアとしての機能を果たします。

フラーレンマークはありませんが、フラーレン、ビタミンC誘導体、セラミド、ヒアルロン酸などクレンジングでは珍しいレベルの豪華な美容成分。

AHA(フルーツ酸)を配合することでピーリング効果を持ち、お肌の余分な角質を優しく落とします。

こちらは使ったことがなく、成分を見ての主観ですが、水性タイプのクレンジングってメイク落ちが弱いわりに刺激になりやすいんですよね・・。

また、豪華な美容成分を配合したところでクレンジングなのでほぼ洗い流されてしまいます。

どうしてもライン使いしたいならまだしも、ここにお金をかけるなら他のアイテムに投資したほうが良いように感じます。

【クレンジング・洗顔料】クレンジング&洗顔 泡フォーム

商品名クレンジング&洗顔 泡フォーム
定価税込4,400円
内容量200ml
フラーレンマークあり(NFマーク)
画像引用・商品公式ページ:https://www.beautymall.jp/SHOP/washcleansing-foam.html

泡で出てくるタイプの洗顔料。

ベースの洗浄成分が石けんなので、洗浄力はややあるのですが、「クレンジング」としてどこまでメイクを落としてくれるのかは微妙なところ。

基本的には「石けん落ち」レベルのメイクをしている人じゃないと厳しいかなと感じます。

一応「テトラヒドロキシプロピルエチレンジアミン」というちょっとめずらしい成分が、メイクに含まれる好物をキャッチして落としてくれます。

フラーレン、VCエチル、TPNa、セラミドなどのビューティーモールでお馴染みの成分は入っていますが、結局は洗い流されてしまうため、効率は低いです。

普段から石けん落ち程度の日焼け止めしか使わないって人ならアリって感じかな。

【拭き取り化粧水】ピールローション プレミアム

商品名ピールローション プレミアム
定価税込4,400円
内容量100ml
フラーレンマークなし
画像引用・商品公式ページ:https://www.beautymall.jp/SHOP/000003-055.html

洗顔後すぐに使う、拭き取りタイプの角質柔軟化粧水です。

ビューティーモールの製品でお馴染みのフラーレンやビタミンC誘導体は入っておらず、7種類の植物性のAHAがお肌の余分な角質を拭き取ります。

タカミスキンピールやDeAU デイリーピールあたりによく似た成分構成ですね。

こちらは1度使ったことのあるアイテム。1回使うだけでもお肌がふんわり柔らかく感じました。

ただし、拭き取り化粧水やAHAは刺激になりやすいので、毎日顔全体に使うのはちょっと怖いかな💦

スペシャルケアや、角質が特に気になる部分に使うのならアリだと思います。

【化粧水】アルファVローションDX

商品名アルファVローションDX
定価税込4,400円
内容量100ml
フラーレンマークなし
画像引用・商品公式ページ:https://www.beautymall.jp/SHOP/dx.html

現在ビューティーモールの化粧水は3種類出ていますが、アルファVローションDXが標準タイプの化粧水です。

フラーレンマークはありませんがAPPSをはじめとしたビタミンカクテルが角層に浸透して、なめらかな透明感のある肌に導きます。

4,400円とビューティーモールの中では購入しやすい価格ですが、美容成分はかなり豪華!

デイリー使いしやすいアイテムで、ビューティーモールでの買い物が初めての方にもおすすめです。

【化粧水】APPS+E(TPNa)ローション(グリセリンフリーローション)

商品名APPS+E(TPNa)ローション
定価税込4,400円
内容量100ml
フラーレンマークなし
画像引用・商品公式ページ:https://www.beautymall.jp/SHOP/gf-lotion.html

ビューティーモールの3種類の化粧水の中で、グリセリンフリータイプの化粧水です。

グリセリン入りタイプに比べて保湿力は劣りますが、ニキビや皮脂・毛穴が気になる人におすすめ。

フラーレンマークはありませんが、1%の濃度で入ったAPPSなどのビタミンC誘導体やTPNa、セラミドなどの美容成分がしっかり入っています。

【化粧水】APPSEFモイストリッチローション

商品名APPSEFモイストリッチローション
定価税込11,000円
内容量100ml
フラーレンマークなし
画像引用・商品公式ページ:https://www.beautymall.jp/SHOP/premium.html

ビューティーモールの3種類の化粧水の中で、プレミアムタイプの化粧水です。

フラーレンマークはありませんが、ビューティーモールの中でAPPSとTPNaを最高濃度で配合した美容液のようなアイテム。

分類上は「化粧水」となっていますが、これを使うならわざわざ美容液を塗らなくても良い気がします。

「毎日、美容液塗るのが面倒くさい」って人にはオススメです。

私も使ったことがあるんですが、めちゃくちゃ良いです。

価格は高額ですが、美容液なしの1点投入でも違いを感じるアイテムなのでコスパは悪くないと思います。

ちなみに私が試したときは冷蔵庫保管が必須でしたが、現在はリニューアルされて常温保管が出来るようになっています。

【クリーム】フラーレンナノクリーム

商品名フラーレンナノクリーム
定価税込13,200円
内容量30g
フラーレンマークあり(R.S.マーク)
画像引用・商品公式ページ:https://www.beautymall.jp/SHOP/nanocream.html

ビューティーモールでは乳液の取り扱いはなく、化粧水の後にフタをするのは基本的にクリーム一択になっています。

かなり高額なので無理して買わなくても、他社のコスメと併用してもいいかなと思います。

ただ、価格の高さにはそれなりの理由があります。

まず、フラーレンが既定値以上入った証であるRSマークがついています。フラーレンは原価の高い成分なので既定値まで入れるとどうしても価格が高くなっちゃうんですよね💦

他にもAPPS、他6種のビタミンC誘導体、TPNa、ダブルヒアルロン酸、セラミドなど豪華な美容成分が入っています。

成分の種類だけでみると100g4,400円のオールインワンジェルとあまり変わらないように感じますが、価格差があるということはクリームの方が高濃度で美容成分が入っているんだと思われます。

【美容液】APPS+E(TPNa)フラーレン美容液

商品名APPS+E(TPNa)フラーレン美容液
定価税込8,800円
内容量50ml
フラーレンマークあり(R.S.マーク)
画像引用・商品公式ページ:https://www.beautymall.jp/SHOP/01-01.html

現在ビューティーモールの美容液は4種類出ていますが、APPS+E(TPNa)フラーレン美容液が標準タイプの美容液です。

フラーレンが既定値以上入っている証のRSマーク付き。

APPS、他6種のビタミンC誘導体、TPNa、コエンザイムQ10、ヒト型セラミド、リンゴ果実培養細胞エキス、ヒアルロン酸、アミノ酸などに美容成分が入っています。

手軽に使えるプッシュポンプ容器で、テクスチャもサラサラ系。使い勝手の良い美容液です。

【美容液】FCEセラム

商品名FCEセラム
定価税込13,200円
内容量30ml+0.45g
フラーレンマークあり(R.Sマーク)
画像引用・商品公式ページ:https://www.beautymall.jp/SHOP/fceserum.html

集中ケアタイプの美容液です。

フラーレンが既定値以上入っている証のRSマーク付き。

フラーレン・APPS・TPNaを高濃度で配合し、APPSの粉末を使う直前に混ぜる2剤式タイプにすることで新鮮&高濃度な美容液を作ることに成功しています。

3つの成分以外にも6種のビタミンC誘導体、ビタミン誘導体類、セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンなどの美容成分入り。

これも使ったことがあるコスメ。高いけど、高くてもリピしたい価値があると思うよ!

【美容液】グリセリンフリーFCEセラム

商品名グリセリンフリーFCEセラム
定価税込8,800円
内容量30ml
フラーレンマークあり(R.Sマーク)
画像引用・商品公式ページ:https://www.beautymall.jp/SHOP/gf-appfserum.html

グリセリンフリータイプの美容液です。

赤のFCEセラムはTPNaが2%なのに対し、白は1%。

お値段も白の方が安くなっています。

これらの情報だけ見ると「白は赤の下位版」といった印象になりますが、細かく成分を見ていくと白にのみナイアシンアミドやリピジュアが入っているなど「白の方が良い要素」もあります。

ざっくり比較した感じ赤の方がパワーはあると思いますが、白も使う価値はかなりあるアイテムです。

【美容液】フラーレンモイストミスト

商品名フラーレンモイストミスト
定価税込4,400円
内容量30ml
フラーレンマークあり(R.S.マーク)
画像引用・商品公式ページ:https://www.beautymall.jp/SHOP/appfmist.html

手軽に使えるスプレータイプの美容液です。

容量が少ないからか、フラーレンが既定値以上入っている証のRSマーク付きですが、4,400円というお手頃価格。

APPS、他6種のビタミン誘導体、TPNa、ヒアルロン酸、セラミドなどの美容成分もばっちり入っています。

アロマ(精油)入りなので、リフレッシュグッズとしてもおすすめです。

【美容オイル】LF7フラーレンセラム

商品名LF7フラーレンセラム
定価税込4,400円
内容量20ml
フラーレンマークあり(L.Fマーク)
画像引用・商品公式ページ:https://www.beautymall.jp/SHOP/lf7serum.html

オイルタイプの美容液です。洗顔後の導入オイルやスキンケアの仕上げ、髪やボディにもマルチに使えます。

こちらもフラーレンが既定値以上入っている証のLFマーク付きですが、4,400円というお手頃価格。

こちらはAPPSは入っておらず、油溶性のビタミンC誘導体VC-IPがメインに入っています。

全成分が4種類とシンプルなところも好印象ですね。

ベースとなる油分は、人間の肌によく似た性質を持つスクワラン。

LF7フラーレンには他の成分も入っていますが、スクワラン単体なら赤ちゃんのお肌にも使えるぐらい優しいオイルです。

【オールインワン】フラーレンオールインワンラメラリッチジェル

商品名フラーレンオールインワンラメラリッチジェル
定価税込4,400円
内容量100ml
フラーレンマークなし
画像引用・商品公式ページ:https://www.beautymall.jp/SHOP/allinonerich.html

洗顔後のスキンケアが1本で完了するオールインワンジェルです。

フラーレンマークはありませんが、ビューティーモールの中では手の届きやすいお値段なのに、これ1本でスキンケアができる優れもの。

フラーレン、APPS、他6種のビタミン誘導体、TPNa、セラミド、αアルブチン、プロテオグリカン、プラセンタエキスなどの美容成分が詰まっています。

スキンケアを手軽に済ませたい人には最推し✨もちろん単品使いではなく他のアイテムとの重ね付けもOKです。

使ってみた感じも良かったですよ👍

成分解析はこちら

【オールインワンジェル】オールインワンフラーレンジェルライト

商品名オールインワンフラーレンジェルライト
定価税込4,400円
内容量100ml
フラーレンマークなし
画像引用・商品公式ページ:https://www.beautymall.jp/SHOP/allinone-light.html

ラメラリッチジェルより軽い使い心地で、使い勝手の良いプッシュポンプタイプのオールインワンジェルです。

フラーレンマークはありませんが、ビューティーモールの中では手の届きやすいお値段なのに、これ1本でスキンケアができる優れもの。

フラーレン、APPS、他2種のビタミン誘導体、TPNa、コラーゲン、プロテオグリカン、プラセンタエキスなどの美容成分が詰まっています。

成分的にはラメラリッチジェルよりもハリ弾力を重視しているようです。

オールインワンジェルをより手軽に・さっぱり使いたい人におすすめのアイテムです。

【パック】Wフラーレンパック

商品名Wフラーレンパック
定価税込1,650円
内容量1枚
フラーレンマークなし
画像引用・商品公式ページ:https://www.beautymall.jp/SHOP/000125411.html

フラーレン、APPS、TPNaなどビューティーモールの定番製品をたっぷり含んだシートマスクです。

お肌に乗せてしっかり美容成分を届けて集中ケア!

1枚1650円から買えるので、送料無料ラインまであと一歩という時にもおすすめです。

レビューはこちら

【日焼け止め】ダブルフラーレンモイストUVミルク

商品名ダブルフラーレンモイストUVミルク
定価税込6930円
内容量30g
フラーレンマークあり
画像引用・商品公式ページ:https://www.beautymall.jp/SHOP/wfullerene-uv.html

SPF35・PA+++の紫外線吸収剤フリーの日焼け止め化粧下地です。

紫外線カット効果は弱いので、室内メインの人or重ね塗り前提ですね。

こちらもフラーレンが既定値以上入っている証のマーク付き。

APPS、他2種のビタミンC誘導体、TPNa、ヒアルロン酸などの美容成分を配合。

紫外線を浴びることで自身が保湿成分に置き換わるUVケア成分・オキソチアゾリジンも入っています。

白いクリームなので軽いトーンアップ効果も!

こちらも使ったことがあり、すごく良かったアイテム。

1本7,000円近くと日焼け止めにしては高額ですが、顔のみの使用ならけっこう長く持ちました。

レビューはこちら

【CCクリーム】ダブルフラーレンモイストUVミルクフラーレンCCクリーム

商品名フラーレンCCクリーム
定価税込5,500円
内容量20g
フラーレンマークあり(L.F.マーク)
画像引用・商品公式ページ:https://www.beautymall.jp/SHOP/cclipo.html

これ1本で日焼け止め・化粧下地・ベースメイクが完了する便利なCCクリームです。

紫外線吸収剤フリーですがSPF44・SA+++とダブルフラーレンモイストUVミルクよりも高い紫外線カット効果が!(最高値ではないので、強い日差しを浴びるときはなにか重ね塗りを推奨します)

フラーレンが既定値以上入っている証のLFマーク付き。

ビューティーモールで定番のAPPS、他3種のビタミンC誘導体、TPNa、リンゴ果実培養細胞、ヒアルロン酸、セラミドなどの美容成分を配合しています。

カラーは1色ですが、イエローオークルとピンクベージュの中間色で、イエベブルベどちらにも対応したカラーになっています。

フラーレンCCモイストクリーム【リポフラーレンファンデーション】・20g《BEAUTY MALL》

【アイクリーム】リポフラーレンアイクリーム

商品名リポフラーレンアイクリーム
定価税込6,600円
内容量18g
フラーレンマークあり(L.F.マーク)
画像引用・商品公式ページ:https://www.beautymall.jp/SHOP/ripoeye.html

シワの臨床試験で目の周りに塗布して改善効果を確認したリポフラーレンを使用したアイクリームです。

フラーレンが既定値以上入っている証のLFマーク付き。

他にもAPPS、他2種のビタミンC誘導体、TPNa、セラミドなどの美容成分を配合しています。

【シャンプー】Wフラーレンモイストシャンプー

商品名Wフラーレンモイストシャンプー
定価税込4,400円
内容量300ml
フラーレンマークなし
画像引用・商品公式ページ:https://www.beautymall.jp/SHOP/bps-new.html

シャンプーの中でも特に高価&髪に良い『加水分解タンパク質系(PPT系)』の洗浄成分を使用したシャンプーです。

フラーレン、APPS、他3種のビタミンC誘導体、4種のコラーゲン・ヒアルロン酸、18種の植物エキスを配合。

美容院で使われる高品質なシャンプー基準の成分で、毎日サロン帰りのような仕上がりに導きます。

【コンディショナー】Wフラーレンモイストコンディショナー

商品名Wフラーレンモイストコンディショナー
定価税込4,400円
内容量250ml
フラーレンマークなし
画像引用・商品公式ページ:https://www.beautymall.jp/SHOP/bpc.html

シャンプーと同じく、コストを惜しまずに髪に良い成分を贅沢に配合したコンディショナーです。

名称はコンディショナーですが、成分的にはトリートメントと呼びたいアイテム。

フラーレン、APPS、他3種のビタミンC誘導体、4種のコラーゲン・ヒアルロン酸、18種の植物エキスを配合しています。

ビューティーモールを使った私の口コミ感想【評判をチェック】

今回紹介した18製品中、私が使ったことがあるのはちょうど半分の9製品です。

ビューティーモールってデパコス並の価格で気軽にポチれない印象がありますが、個人的にはめちゃくちゃ良いと思っています。

ブランドイメージのための広告費や店頭の人件費などに余分なコストをかけず、とにかく豪華な美容成分を詰め込んだコスメだと思うんです。

他社ではあまり見ないぐらい、贅沢に美容成分が入っています。

デメリットを上げるとしたら価格の高さと敏感肌適正。

価格についてはそれに見合った効果があるので、コスパは悪くないと思います。

パワーのある美容成分がたくさん入っている分、肌質によっては刺激になりやすいのは気になる部分。

敏感肌の人や肌の調子が悪いときは、注意しながら使ったほうが良いコスメです。

ビューティーモールに関するよくある質問

Q

敏感肌の人でも使える?

A

美容効果を重視して作用が強めの成分が入ってるので、肌が弱い人は刺激を感じやすいかもしれません。どうしても使いたい場合は、パッチテストをしてからの使用をおすすめします。

Q

ビューティーモールの口コミはサクラ・ステマって聞いたけど?

A

ビューティーモールはCMなどは出していませんが、WEB広告は出しているので、一部はステマな意見もあるかもしれません。ちなみに一度、競合他社がビューティーモールのネガティブコメントをネットに書いて問題になった事例があるようです。何にしても美容成分が豪華なのは明らかなことで、私が実際に使っても確かな効果はありました。

ありす

ありす

あくまでも私の主観ですが、「サクラ・ステマ」な口コミはあるかもしれないけど、コスメとしての実力は確かだと思います。

ビューティーモールでよく使われる成分の解説

最後に、ビューティーモールの製品で良く使われる成分をざっと解説していきます。

ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体の説明1
ビタミンC誘導体の説明2
ビタミンC誘導体の説明3
ビタミンC誘導体の説明4
ビタミンC誘導体の説明5

ありす

ありす

美容ブロガー・日本化粧検定1級

美容、メイク、おしゃれ等にはまっている20代の3児のママ。
コスメレビュー、コスメ成分解析、コスメサブスク、ファッションレンタルなどの情報を発信しています。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。