【収れん・抗炎症・抗酸化】コスメ成分辞典

コスメ成分辞典【収れん・抗炎症】

アドニスパレスチナ花エキス

抗酸化です。強力な抗酸化作用を持つビタミンA前駆体のカロチノイドを含んでいます。赤色の着色料としての役割も。皮膚刺激はほとんどなく、安全性の高い成分です。

オトギリソウエキス

抗炎症成分です。収れん作用や止血作用、日焼け予防効果も持っています。オトギリソウやセイヨウオトギリソウから抽出される植物由来エキスで、皮膚刺激はほとんどなく、安全性の高い天然成分です。

配合コスメ:アイムピンチ

カミツレエキス

カミツレ花エキスとも呼ばれる抗炎症成分です。他にも保湿・養毛・収れん・血行促進・かゆみ止めなどの効果が期待できます。メラニンの生成を抑制する美白効果も発見されました。ローマカミツレエキスとは別の成分です。カミツレの花から抽出される植物由来エキスで、皮膚刺激はほとんどなく、安全性の高い天然成分ですが、キク科の植物にアレルギーのある方はご注意ください。

配合コスメ:アイムピンチ

シナノキエキス

別名フユボダイジュ花エキスとも呼ばれる抗炎症成分です。タンニンやフラボノイドを含み、抗炎症・抗酸化・収れん作用があります。お肌のキメを整える目的で配合されることが多いです。ハーブティーなどにも使用されるシナノキの花から抽出される植物由来エキスで、皮膚刺激はほとんどなく、安全性の高い天然成分です。

配合コスメ:アイムピンチ

セイヨウトチノキ種子エキス

別名マロニエエキスとも呼ばれる、収れん成分です。抗炎症作用や収れん作用を持ち、お肌の引き締めや肌荒れの防止効果があります。紫外線吸収作用もあるので、UVケア効果も。身体の巡りを整える効果があり、静脈の薬として医療現場でも使用されている安全性の高い成分です。

配合コスメ:イキテルローション

タンニン

収れん成分です。制汗・消臭効果もあります。敏感肌の人にはやや刺激があるので注意しましょう。

トウキンセンカエキス

トウキンセンカ花エキスとも呼ばれる抗炎症成分です。肌の炎症を抑えたり、皮脂の過剰分泌を抑えてくれます。トウキンセンカの花から抽出される植物由来エキスなので、キク科の植物にアレルギーのある方はご注意ください。皮膚刺激や眼睛刺激を起こす人がごくまれにいますが、特に避ける必要はないでしょう。

配合コスメ:アイムピンチ

ハマメリス水

収れん成分です。アメリカマンサクの葉を蒸留して作られた蒸留水です。タンニンを多く含み、肌を引き締めたり、皮脂の分泌をコントロールする働きがあります。抗酸化・抗炎症・抗菌作用を持ち、肌トラブルの改善や、商品の防腐効果も持っています。昔からアメリカで傷や炎症、虫刺され等の薬として使われてきました。基本的は刺激はありませんが、敏感肌の人は少し刺激を感じることもあるので要注意です。

配合コスメ:アイムピンチ

ボタンエキス

抗炎症成分です。牡丹の根の皮からエタノールでエキスを抽出した成分です。抗炎症、抗酸化、血行促進などの効果があります。紫外線による炎症物質の発生を抑制する美白効果も確認されています。漢方成分としても使われていました。皮膚刺激はほとんどなく、安全性の高い成分です。

配合コスメ:イキテルローション

ヤグルマギクエキス

ヤグルマギク花エキスとも呼ばれる抗炎症成分です。アントシアニン、アントシアニン誘導体などを含み、抗菌・収れん・皮膚細胞の活性などの作用もあります。昔から気管支炎や咳止めの薬、目薬の原料として使われてきました。ヤグルマギク花から抽出される植物由来エキスで、皮膚刺激はほとんどなく、安全性の高い天然成分ですが、キク科の植物にアレルギーのある方はご注意ください。

配合コスメ:アイムピンチ

ローズマリー葉エキス

別名ローズマリーエキスとも呼ばれる抗炎症成分です。血行促進作用や抗酸化作用があり、エイジングケア化粧品等に多く配合されます。育毛効果や頭皮の状態を改善する効果もあります。抗菌・殺菌効果も高く、製品の防腐効果も持っています。ベビー用品にも使用されており、皮膚刺激はほとんどありませんが、ごくまれにアレルギー症状が出る人がいます。

配合コスメ:イキテルローション

ローマカミツレエキス

ローマカミツレ花エキスとも呼ばれる抗炎症成分です。抗菌や皮膚代謝促進も期待できます。カミツレエキスとは別の成分です。ローマカミツレの花から抽出される植物由来エキスで、皮膚刺激はほとんどなく、安全性の高い天然成分ですが、キク科の植物にアレルギーのある方はご注意ください。

配合コスメ:アイムピンチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です