洋服の適正量は何着?100着のクローゼットでオシャレになる方法

あなたはクローゼットに、何着のお洋服を持っていますか?

ほとんどの方の回答は「わからない」になるでしょう。

実際に数えてみると、お洋服が好き・おしゃれが好きな女性の多くは、平均でも200着以上のお洋服を持っているんです。

でも本当に着まわしているお洋服は半数以下。

全然着ていないお洋服でクローゼットをパンパンにして、お洋服が選びにくい状況を作っています。

この記事では、服の適正量の決め方、100着以下のクローゼットですっきりオシャレになる方法を伝授します。

服の適正量は100着

「1人の人間が管理できるお洋服の限界量は100着」と言われています。

最近は断捨離・ミニマリストブームで「服は30着以内に!」なんて話も聞くけど、この記事では「おしゃれが好き」「服が好き」という前提で、管理できる限界の100着を推奨していきます。

もちろん100着は最大値なので、もっと少ない量で着まわせる人、保管スペースがない人は、枚数を減らせばOK!

大切なのは「一度決めた、自分の適正量を変えないこと」「100着以上は持たないこと」です。

保管スペースに余裕があっても、100着以上持っていても管理できないので処分しましょう。

 

100着の内訳の目安

100着を揃えるときの内訳の目安です。

好きなお洋服の系統、生活スタイル、お住いの場所の気温などによって、割合は変えてもOKです!

コート5着冬用コート3着

春秋も着られる薄手のコート2着

着ない季節はしまっておくか、保管サービスのあるクリーニングを利用します。

目立つアイテムなので、たくさん種類を持ちたくなりますが、いちばんかさ張るので危険なアイテム

中に着るお洋服や小物を変えて、少ない枚数で着まわすのが賢い方法です。

秋冬コートはジャケットなどで代用できるので、トレンチ1枚あれば十分かな~と思います。

アウター10着カーディガン、ジャケット、ブルゾンなどを好きなお洋服の系統に合わせて。

いろんな形・厚みを揃えると便利です。

夏でも夜や冷房対策に着られるので、衣替えはしません。

トップス35着Tシャツ、シャツ、ブラウス、ニットなど。

夏用5着、冬用10着、オールシーズン用20着ぐらいが便利です。

厚手のニットは冬に便利ですが、着まわしにくく、かさばるので、なるべく枚数を少なめに。

アウターを利用した重ね着で暖かいコーディネートを作りましょう。

夏用はインナーとして年中着られるデザインを持つと便利です。

インナー10着タンクトップ、キャミソール、アンダーウェアなど。

露出の多い服の下着見え防止や、冬の寒さ対策に使います。

タンクトップ&キャミソールはオールシーズン使用。

長袖のアンダーウェアは、保管しておくか、1年ごとに使い捨ててもOKです!

ボトムス30着パンツ、スカートなど。

夏用5着、冬用10着、オールシーズン用15着ぐらいが便利です。

ワンピース10着ワンピース、オールインワンなど、全身で着られる服。

夏用3着、冬用3着、オールシーズン用4着ぐらいが便利です。

 

通勤用・プライベート用の割合は?

理想は、オフィスでもプライベートでも着まわせるお洋服を持つことです!

オフィス服はたくさん持っていても、忙しい朝のコーディネートに迷いが出るだけなので、最低限に!

プライベート用を多めに持って、オシャレを楽しむのがオススメです♪

 

100着に減らすカンタンな方法

普段から気に入って着ている服を残していけば、100着に減らすことは意外と簡単です。

まずは、このグラフを見ながら、手持ちのお洋服を分類します。

分類したら厳選開始!

今回はわかりやすいように「100着」で説明していますが、できれば「アイテム別の目標数」を考えて整理するほうがオススメです。

 

まず「A」の服は必ず残す服。ここで100着を超える人は少ないと思います。

「D」の服は、即処分対象へ。

 

次に「B」は「なぜ嫌いなのに着るのか」考えてみます。ほとんどの場合、理由はこの2つです。

  1. たくさん着て、早く傷んで捨ててしまいたいから。
  2. コーディネートするのに便利だから。

「1」は嫌いと感じている服を着ていても良いことはありません。まだ着られる状態でも処分対象へ。

逆に「2」は捨ててはいけません。「A」や「C」に含まれる「好きな服」をコーディネートするために大切な役割を持っているからです。

「2」を残して100着を超える場合は、優先順位をつけて処分していきましょう。

 

最後に一番判断の難しい「C」です。

「好き」な服を選んで残すのは大変なので、今回は「服の総量」で考えます。

ここまでで100着(目標数)を明らかに下回っているなら、Cは全残しでOK!

しばらく置いてみて、着なかったら処分 or 新しい服の代わりの処分で良いでしょう。

逆に100着(目標数)に近い数なら、基本全捨て。

「100着(目標数)ギリギリになってもこれだけはどうしても残したいし、これからちゃんと着る!」というアイテムだけ残します。

Cを厳選して100着(目標数)を超えそうなら、優先順位で考えます。

お洋服すべて(またはアイテム別)に置いて、残したい順にざっくりランキング付けします。

例えば

「ボトムスを30着残したい、A+Bの2で現在20着。Cは20着ある」

場合なら、Cの残したいランキング上位半分を残しましょう。

 

100着のクローゼットを成功させるコツ

半分は年中稼働させる

100着のクローゼットの話でよく聞くのは「季節ごとに25着を持ちましょう」というお話。

私はこの意見には反対です。

ひとつの季節しか着れないお洋服なんて少ないし、25着で着まわすのは意外と大変!!

クローゼットの最低半分はオールシーズン着まわせそうな服で揃えます。

50着のオールシーズン着られる服に、季節もののお洋服を合わせれば、コーディネートの幅は大きく広がります。

薄手の長袖シャツなどは、真夏の2か月ほどは着られませんが、1年のうちほとんどは着られるので「オールシーズン着られる服」です。

カーディガンやジャケットは夏でも夜や冷房よけに使えますし、半袖のお洋服は冬でもインナーとして着まわします。

冬用のニットやコート、夏用の涼しいお洋服だけは、季節もののお洋服として2~3割持ちます。

ちなみに「春だけ」「秋だけ」しか着られないデザインのお洋服は、持ちません。

春秋のお洋服は、コーディネートや小物次第でオールシーズンの服で対応可能。

春は3月~4月、秋は9月後半~11月前半ぐらいの、各2か月ほどしか着られません。

どうしても着たいときは、ファッションレンタルで借りるか、プチプラ品を買って、2か月着倒して捨てます。

 

柄、目立つ色、色の多い服は2割以内

「花柄、チェック、ボーダーなど柄の入ったお洋服」「目立つ色のお洋服」「色の多いお洋服」は、すべて合計して2割以内に抑えましょう。

目立つ色は人によりますが、手持ちの服の中で浮く色です。はっきりした色、赤・オレンジ、ブルーなどは目立つ色になりやすいですね。

色の多いお洋服とは、1つのお洋服の中に複数の色が入っているものです。柄と同じく、目立ちます。

「柄、目立つ色、色の多い服」は主役になって、可愛く着こなせますが難易度は高め。

コーディネート内に2着以上取り入れるには、かなりのセンスが必要です。

「柄、目立つ色、色の多い服」が多いとコーディネートの選択肢が狭くなるので、着まわしやすいシンプルなお洋服を中心に集めていきましょう。

 

覚えられないなら記録する

100着のクローゼットのアイテムは、お布団の中やショッピング先でも何を持っているのか思い出せる状態にしましょう。

買い物の失敗が減ったり、どこでもコーディネートを考えられるようになります。

頭で覚えられないと感じたら、スマホで写真を撮ってフォルダ分けするか、クローゼット管理アプリ(myクローゼット、XZクローゼットなど)がオススメ。

それでも管理できないと感じたら、90着・80着と手持ちのアイテムを減らしていきます。

My Closet – シンプルな洋服管理アプリ
無料 – Yutaka Tajika
 
XZ(クローゼット)
無料 – STANDING OVATION Inc.
 

買う前に捨てるアイテムを決める

「100着のクローゼットを守るために、1着買ったら1着捨てよう」

なんて考えは失敗します!!

100着のクローゼットを守るためには「お洋服をレジに持っていく前に、この服の代わりに処分する服を同じジャンルから決める」んです。

捨てる服が選べずに枚数が増えていくことが防げますし、今ある服で足りているのに無駄に買い物をすることがなくなります。

 

ファッション小物・アクセサリーを上手く使う

100着のクローゼットでは、オールシーズン着られる服を推奨していますが、季節感のないコーディネートになる可能性が上がります。

そこで活躍するのは『ファッション小物・アクセサリー』。

春ならパステルカラー、夏ならクリア感のある素材、秋ならチェック柄や地味色、冬ならファーやニット。

季節感のある小物やアクセサリーを数点持てば、オールシーズン着られる服でも季節感のある着こなしが可能です!

もちろん小物もオールシーズン使えるものもオススメ!

 

お洋服以外の適正量は?

かばん

多くて10個。

『通勤用・1個』『大きめ・1個』『普通サイズ・2個』『小さめ・2個』ほどあれば足りる気もします。

 

多くて10足。

ブーツやサンダルなどの季節ものが多くなるので、オールシーズン対応にこだわらなくてもOK!

秋冬2~3足、春夏2~3足、オールシーズン4~6足ほどで考えましょう。

スニーカー、シンプルな革やエナメルのパンプスは、オールシーズン使えて便利です。

 

靴下

靴下

ファッション小物・アクセサリー

帽子、マフラー、ネックレス、ピアスなど。

多く30個ぐらいが目安です。

季節もの各5個と、オールシーズン対応10個あればOK!

単価が安いので集めてしまいがちですが、これ以上あっても管理しきれません。

 

イベント系は1ジャンル1着

水着、浴衣、ドレス、喪服、スーツ、ハロウィン仮装、クリスマス仮装など。

冠婚葬祭やイベント時にしか着ない服は、1ジャンルにつき1着がおすすめ。

「友人の結婚式では毎回違うドレスを着たい」「そもそもそんなに使わないのに持ちたくない」という人は、ファッションレンタルの利用が便利です。

 

100着で飽きる・足りないなら「持たないお洋服」

100着のクローゼットを試してみて「飽きる」「足りない」と感じても、お洋服の総量を増やすのはNG。100着以上あったら管理しきれません。

そんなときのオススメなのはファッションレンタルサービス。

月額料金を払うと3~4着ほどお洋服が借りられて、飽きたら返せば、新しいものが借りられます。

邪魔になりがちな、季節もののお洋服も、レンタルなら使いたい時期だけ使えます♪

バッグやアクセサリーに対応したファッションレンタルサービスもありますよ!

詳しくは女性用ファッションレンタルサービスおすすめ7つを比較しました!をご確認ください。

 

服の適正量に関するよくある質問

男性の場合の適正量は?

男女関わらず、管理できる限界は100着です。仕事用のスーツやジャケットも100着に含めます。平日は毎日スーツで出勤している方はスーツ多め、特別な日しか着ない場合は2~3セットあれば十分です。

 

断捨離するならどこまで減らせる?

10着以下のクローゼットで過ごす方もいますが、それはかなりの上級者向け。まずは記事上部の適正量の半分、50着に収めるのがオススメ!そこまで減らしたら、実際に着まわしながら「着ていない」と思う服を減らしていきましょう。少し特殊な方法だと『ワンピースだけ』『トップスとフレアスカートだけ』『長めのトップスと細めのパンツだけ』と、毎日のスタイルを定番化してしまえば簡単に枚数を減らすこともできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です