[9月限定]BLOOMBOXワンコインクーポン配布中

【口コミ感想】ボディ用ブライトニング✨イルコルポミネラルボディシャインジェル

イルコルポミネラルボディシャインジェル

https://beauty-trendblog.com/wp-content/uploads/2017/07/写真-2017-07-26-13-41-41.jpgありす

こんにちは✨美容ブロガーのありすです。

今回はSiBODYのイルコルポから出ている、ブライトニングケア&保湿ケアジェル『イルコルポ ミネラルボディシャインジェル』を使ってみました。

さっぱり塗り心地の良いボディジェルで、美容液のような豪華な成分が配合されています。

📝ミネラルボディシャインジェルの商品情報📝

商品名 イルコルポ ミネラルボディシャインジェル
販売元 株式会社シーボディ
公式サイト https://www.sibody.co.jp/promotion/ilcorpo_shinegel
内容量 200g(約1ヶ月分)
定価 5500円+税
最安値 3990円+税(公式サイト限定価格)
購入方法 公式サイト、amazon、楽天、実店舗など
特徴をカンタンにチェック
  • プチプラでは実現できない豪華な美容成分でワンランク上のボディケアができる
  • 雑誌掲載&ランキング1位の実績
  • 肌に負担のかかる余分な成分は排除
  • 薬用美白コスメではないけど、ブライトニング作用がけっこう強く、本気でケアしたい人向け>>成分解析

ミネラルボディシャインジェルは、日焼けのあとや、身体の気になる黒ずみに使うブライトニングボディジェルです。

海のミネラルをテーマにしたSiBODYのワンランク上のボディケアシリーズ『イルコルポ』の商品✨

百貨店でも売られるワンランク上のボディケア

ミネラルボディシャインジェルは、百貨店でも取り扱いのあるボディケアブランド、SiBODYのイルコルポシリーズの商品。

27種の美容成分の中には、APPS、フラーレン、プラチナナノコロイドなど、プチプラ製品では配合できないような、豪華な美容成分が入っています。

成分をざっと見た感じでも、ボディケアではなく、顔用の美容液級の成分です💗

雑誌掲載&ランキング1位の実績

ミネラルボディシャインジェルは、雑誌で取り上げられた経験もあり!

  • 美ST 2018年10月号・・・美白成分配合のボディ保湿として紹介
  • mini 2018年9月号・・・このボディ美白がすごい!!「ハイドロキノンほか美白&美肌成分がたっぷり!」と紹介
  • nina’s2018年9月号・・・キレイなママと言われたい アフターサンケアアイテムとして紹介

さらに2020年4月の楽天のリアルタイムランキング『アフターサンケア部門』で1位を獲得した実績も持っています。

肌に負担のかかる余分な成分は排除

公式サイトによると

  • 合成着色料フリー
  • 鉱物油フリー
  • パラベンフリー
  • アルコールフリー
  • 石油系界面活性剤フリー

で、お肌の負担をなるべく少なくしています。

成分を見た限りでは、ベースにペンチレングリコールが使われていたり、ハイドロキノンも入っているので『敏感肌向け』とは言い切れませんが、肌に負担のかかる5つの成分は排除しています。

ブライトニング成分は低刺激とは言い切れないけど、これを抜いちゃうと普通のボディジェルになるので仕方ないですね💦

個人的には『パラベンフリー』は他の防腐剤が入るだけなのであまり意味を感じいし、『鉱物油』も悪い成分だとは思いませんが、他の3つのフリーは嬉しいポイントです。

💕ミネラルボディシャインジェルを使ってみた【口コミ感想】💕

感想をカンタンにチェック
  • つるんと塗れる軽いつけ心地のジェル
  • 香りも使用感もすっきり系
  • 保湿力は物足りない
  • ブライトニング効果に期待!!

ミネラルボディシャインジェルを実際に使ってみました。

つるんと塗れる軽いつけ心地のジェル

ジェルと聞くと少し硬めのテクスチャを想像していましたが、とろみの強い化粧水って感じです。

伸びはめちゃくちゃ良く、少量でも広範囲に塗れます。

塗ったあとは1分ほどはややべたつきあり。その後はさらっと乾いてくれます。

べたつきありと書くと悪いイメージがありますが、私はマッサージしながら塗りたいので、ちょうど良いテクスチャです✨

香りも使用感もすっきり系

公式サイトによると、香りは「上品なタラソ(海)の香り」と書かれていましたが、使ってみた感じではユーカリの精油のすっきりした香りが強いかも。

それほど強い香りではなく、香りを残したくない人、香水や他のアイテムの香りと混ざりたくない人には良いですね。

あと、口コミをみると、スーっとしたつけ心地がするという意見がありましたが「言われてみればちょっとスースーっとするかも」程度です。

メントールやエタノールががっつり入っているわけじゃないので、よくある夏用冷感コスメのスースーとした感じではありません。

保湿力は物足りない

ブライトニング成分重視のさっぱりしたジェルなので、保湿力は低め。

普段はボディクリームやオイルで保湿している人だと、ミネラルボディシャインジェル1つでは保湿力は物足りないと思います。

重ね塗りは問題ないので、乾燥が気になる方はボディクリームやオイルを上から足しましょう。

ブライトニング効果に期待!!

まだ使い始めたばかりで、はっきり目に見える効果はありませんが、成分的にはかなりブライトニング効果が期待できそう✨

塗り心地が良いから、毎日マッサージしながら気持ちよく使えるし、結果を楽しみに使い続けてみます👍

※私が使った感想です。効果・効能を保証するものではありません。

🔍ミネラルボディシャインジェルの成分解析🔎

水、ペンチレングリコール、BG、α-アルブチン、ビサボロール、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na、フラーレン、プラセンタエキス、加水分解コンキオリン、サンゴモエキス、ハイドロキノン、紅藻エキス、褐藻エキス、緑藻エキス、白金、ヒアルロン酸Na、水溶性コラーゲン、オウゴン根エキス、カンゾウ根エキス、ナツメ果実エキス、セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス、カミツレ花エキス、トウキンセンカ花エキス、フユボダイジュ花エキス、ヤグルマギク花エキス、ローマカミツレ花エキス、クリスマムマリチマムエキス、ヒナギク花エキス、シアバター油粕エキス、加水分解シロガラシ種子エキス、ゲンチアナ根エキス、グリチルリチン酸2K、オリザノール、グリセリン、レシチン、オレイン酸ポリグリセリル‐10、ヒドロキシエチルセルロース、キサンタンガム、PEG-60水添ヒマシ油、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、クエン酸Na、フェノキシエタノール、ユーカリ葉油、香料
成分評価
(3.5)

まず大前提として、有効成分が入った医薬部外品ではないので『美白コスメ』を名乗ることは出来ない商品です。

しかし成分を見てみると

〔α-アルブチン〕〔APPS(パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na)〕〔プラセンタエキス〕〔ハイドロキノン〕などの美白成分

〔ビサボロール〕〔フラーレン〕〔プラチナ〕などの抗酸化成分

が多種類配合されていて「とりあえず有効成分を入れたプチプラ美白化粧品より作用が強いじゃないかな?」と思う配合です。

高価な成分もたくさん入っており『この価格の美容液ジェルだからこそできる配合』です。

ただし種類が多いのでひとつひとつの濃度に関しては、それほど高くないと思います。

保湿成分はペンチレングリコールとBGをベースにしたさっぱり系です。保湿成分は控えめなので、ボディクリームのようなしっとり感を求める方には不向き。乾燥が気になる方は上からクリームを重ね塗りしましょう。

刺激に関しては、ベースとなる成分にちょっと強めのペンチレングリコールを使用。新安定型なので従来のものよりは低刺激ですがハイドロキノンも入っているので、人によっては刺激を感じる場合があるかもしれません。

ボディ用なので、顔用ほど神経質になる必要はありませんが、敏感肌の方や、肌荒れ中の使用は注意した方が良いかもしれません。

全体的な解析結果としては、多少強めの成分で価格も高いので、『かなり本気のブライトニングケアをしたい人向け』だと思います。(薬機法上で美白とは言えないコスメです。)

ベースほぼすべての化粧品に成分を溶かし込むために配合されています。
水自体に特別な効果はありませんが、刺激やアレルギーなどのリスクもありません。
ペンチレングリコール保湿化粧品のベースとしてよく使われる保湿成分です。
さっぱりした使用感で、抗菌効果もあります。
高濃度で配合されている場合は、肌に刺激になる可能性の高いので、肌の弱い方は避けたほうが無難です。
1%以下の濃度なら特に気にしなくても大丈夫でしょう。
BGベース(保湿)化粧品のベースとしてよく使われる保湿成分です。
低刺激で、グリセリンに比べて保湿力は劣りますがさっぱりした使用感です。
1%以下(成分表示の後方に表示)の場合は、成分を溶かし込むためなどの目的で配合されており、影響はほぼありません。
α-アルブチン美白ハイドロキノン誘導体の一種で、メラニンを生成するチロシナーゼの生成を抑制する効果があります。
β-アルブチンの10倍以上のチロシナーゼ生成抑制作用を持ちます。
ハイドロキノンと聞くと刺激が強そうですが、皮膚刺激はほとんどなく、安全性の高い成分です。
ビサボロール抗炎症医薬品としては抗炎症・炎症治癒作用が認められている抗炎症成分です。
製品自体の抗菌・防腐作用も持っています。
パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na美白・抗酸化「APPS」とも呼ばれる水と油どちらにも混ざりやすいビタミンC誘導体です。ビタミンCの誘導体よりも浸透性・肌なじみが良いのが特徴です。
メラニンを生成するチロシナーゼの生成を抑制したり、肌で活性酵素を除去して、シワや老化を防止します。
分解性が高いので、製品に混ぜて期間が経つと効果が薄れるのが欠点。使用する直前に混ぜ合わせるタイプのコスメならしっかり効果が発揮できます。
皮膚刺激はほとんどなく、安全性の高い成分です。
効果が期待できる推奨濃度まで入れるにはコストがかかる成分です。
フラーレン抗酸化60個の炭素がサッカーボールのように繋がった、炭のように黒い成分です。
ビタミンCの100倍以上と言われる、非常に強い抗酸化力を持っています。
抗酸化力により活性酸素を生成を抑制し、シミや肌荒れなどを防ぎます。
美白効果もある成分ですが、化粧品に配合する濃度では刺激はありません。
プラセンタエキス美白メラニンを生成するチロシナーゼの生成を抑制したり、新陳代謝を高めてターンオーバーを正常化するシミ排出作用を持っています。
美白だけでなく保湿効果もある美容成分。医薬部外品の有効成分として承認されています。
刺激はほとんどなく、美白成分の中で特に低刺激な成分だと言われています。
加水分解コンキオリン保湿「真珠エキス」と呼ばれる保湿成分です。アミノ酸やペプタイドを多く含みます。
肌の水分量を増加させたりコラーゲンやエラスチンの生成をサポートする、保湿やハリ対策におすすめの成分です。
サンゴモエキス保湿ミネラルを豊富に含む植物成分です。
抗酸化作用もあると言われています。
ハイドロキノン美白美容皮膚科でも使われる皮膚漂白剤で、メラニン色素の淡色化、メラニン合成抑制の強い作用を持ちます。
日本の化粧品に配合できる2%以下の使用量では大きな被害が起こる確率は低いですが、白斑の報告もあります。
そもそもの刺激も強く、濃度や肌質によっては刺激を感じる可能性も高め。
美白効果が高いので、短期的・スポット的なシミ・美白ケアとしては絶対ナシとは言い切れませんが、肌へのリスクを考えると基本的には避けたい成分ですね。
紅藻エキス保湿海藻系の保湿成分です。
ミネラルを豊富に含み、保湿力と抗酸化力に優れる成分で、CMで有名なエイジングケアコスメにも配合されています。
引き締め効果も高く、スリミング商品に配合されることもあります。
褐藻エキス保湿海藻系の保湿成分です。
アミノ酸、ミネラル、アルギン酸などを含み、保湿効果を持ちます。
引き締め、血行促進、柔軟、ピーリング作用もあると言われています。増粘、乳化補助作用も持ちます。
緑藻エキス保湿海藻系の保湿成分です。
ミネラルやビタミンが豊富に含まれ、肌にうるおいを与えます。美白、引き締めなどの効果も持ちます。
白金抗酸化「プラチナ」とも呼ばれる抗酸化成分です。11種類あると言われている活性酵素の全種類を除去できるという、強力な抗酸化力を持っています。
また、抗酸化成分は一度作用すると効果がなくなるものも多いですが、白金の抗酸化力は半永久的です。
ただし価格が非常に高く、コスト的に配合出来る濃度でどの程度効果が得られるのかは微妙なところです。
ヒアルロン酸Na保湿化粧品でよく使われる定番の保湿成分です。1gで2~6Lの水分保持力があります。
肌の細胞と細胞の間で、水分の保持やクッションのような役割をしている、保湿に重要な成分。
粘度が非常に高く、配合量が多いと、とろっとしたテクスチャになります。
水溶性コラーゲン保湿化粧品でよく使われる定番の保湿成分です。
保水力が高く、肌の土台で水分を蓄えて保湿・ハリ・弾力をサポートします。
さらさらとしたテクスチャですが、肌や髪の表面に膜を作って保護する効果も。
低温ではゲル状になり、体温ほどの温度では液状になる性質を持ち、化粧品に配合された場合はとろみが出ます。
オウゴン根エキス抗炎症コガネバナの根から採れるエキスで、抗炎症、小アレルギー、美白、抗酸化、保湿などさまざまな作用があると言われています。
漢方では解熱、消炎剤として使用。PM2.5などの大気汚染から肌を守る役割も持っています。
カンゾウ根エキス抗炎症アトピーなどの皮膚炎を持つ人向けの化粧品にも多く配合されています。
約4000年前に発見され、古くから消炎などの漢方として使われてきました。今では葛根湯などの医薬品にも配合されています。
グリチルリチン酸やフラボノイドなどを含み、抗炎症以外にも、抗酸化、抗アレルギー、抗菌、刺激緩和、メラニン生成阻害などの効果を持ちます。
ナツメ果実エキス保湿セラミドの生成を促進して肌の保湿・バリア機能をサポートします。
資生堂により、まつ毛の成長速度を促進する効果も発見されました。
セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス抗炎症昔から傷の治療や神事に使われてきた植物成分です。
ニキビ発生の原因にもなるリパーゼの生成を抑制します。
肌荒れ防止や日焼け後のケア、育毛などにも効果があると言われています。
カミツレ花エキス美白・抗炎症メラニンの生成を抑制する効果あると言われている植物成分です。
他にも保湿・抗炎症・血行促進・収れんなどの効果があると言われています。
ローマカミツレエキスやカモミラETとは別の成分です。
トウキンセンカ花エキス抗炎症消炎作用に優れており、肌の炎症を抑える効果があると言われています。
皮脂の過剰分泌を抑える効果も期待できます。
フユボダイジュ花エキス抗炎症タンニンやフラボノイドを含み、抗炎症・抗酸化・収れん作用があると言われています。
お肌のキメを整える目的で配合されることが多いです。
ヤグルマギク花エキス抗炎症肌の炎症を鎮める効果があり、肌荒れケア・ニキビケア・美白系のコスメによく配合されます。
お肌の保湿や収れん作用もあると言われています。
植物成分なのでグリチルリチン酸2Kなどの抗炎症成分と比べると抗炎症作用はおそらくおだやかです。
ローマカミツレ花エキス抗炎症ローマカミツレの花から抽出される植物由来エキスです。
抗炎症以外にも抗菌や皮膚代謝促進も期待できます。
クリスマムマリチマムエキス保湿「マリンフェンネルエキス」とも呼ばれる保湿成分です。
セラミドの生成を促進して肌の保湿・バリア機能をサポートします。
ヒナギク花エキス美白「デイジーエキス」とも呼ばれ、サポニン、ポリフェノール、多糖類などを豊富に含む植物成分です。
メラニンの生成を抑制する効果があると言われています。
シアバター油粕エキス保湿昔から天然の保湿クリームとして使われてきたシアバターの有効成分が濃縮されています。
トコフェロールやアラントインが含まれていて、高い保湿性とともに、抗炎症、抗老化作用も持っています。
加水分解シロガラシ種子エキス美白ビタミンCとよく似た作用を持つ植物成分です。
メラニンを生成するチロシナーゼの生成を抑制すると言われています。
ゲンチアナ根エキス抗炎症日焼けによる肌の炎症を抑制すると言われる植物成分です。
抗酸化や収れん作用もあると言われています。
グリチルリチン酸2K抗炎症肌の炎症を鎮める効果があり、肌荒れケア・ニキビケア・美白系のコスメによく配合されます。
有効成分として配合できる成分で、ある程度の濃度があれば、けっこうすぐに効果が現れます。
抗炎症成分が複数配合されていたり、他の抗炎症系コスメと重ね塗りしたり、長期的に使いすぎると、刺激になったり、肌本来の機能が弱まる可能性もあるので注意。
オリザノール抗酸化コメヌカ由来のビタミンC誘導体です。
抗酸化作用に優れ、美白やエイジングケアによく配合されます。
皮脂の分泌を促し、肌の油分バランスを整える役割も。
グリセリンベース(保湿)化粧品のベースとしてよく使われる保湿成分です。
ベース成分の中でも特に低刺激で保湿力が高いのが特徴。
高濃度で配合されているものは、ニキビ肌との相性は悪いです。
レシチン乳化両性イオン(アンホ)界面活性剤・乳化剤です。
レシチン系の界面活性剤ですが洗浄作用はほとんどなく、基本的には乳化補助として配合されます。
乳化作用もゆるやかなので、レシチンのみで乳化することは少ないです。
セラミドのように保湿効果やお肌の保護効果も持っています。リポソームを作り、不安定な成分を包み込むこともできます。
オレイン酸ポリグリセリル‐10乳化非イオン(ノニオン)界面活性剤です。界面活性剤ですが刺激はほぼありません。
製品を水の中に油が溶け込むO/W型に乳化します。
O/W型は水に流れやすくさっぱり。乳液やクリームなどのスキンケアによく使われる乳化です。
ヒドロキシエチルセルロース増粘幅広いphで安定した性質の増粘剤で、製品をゲル化させずに増粘します。
メイクアップ製品では顔料などの分散効果も持っています。
キサンタンガム増粘化粧品の粘度を上げて、とろみをつける役割で配合されます。
PEG-60水添ヒマシ油乳化安定非イオン(ノニオン)界面活性剤です。界面活性剤の中でも特に低刺激な成分。
製品を水の中に油が溶け込むO/W型に乳化します。
O/W型は水に流れやすくさっぱり。乳液やクリームなどのスキンケアによく使われる乳化です。
トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル保湿化粧品でよく使われるエステル油です。さらっとしたテクスチャの油性成分。
肌の表面に膜を作り、水分の蒸発を防ぎます。成分中に顔料を分散させる効果も。
肌への刺激の心配はほとんどありません。
クレンジングに配合されている場合は、メイクを浮かせるためのオイル。メイクと落とす力は、そこそこ高めです。
炭化水素油ほどではありませんが、脱脂力があるので乾燥の原因になる可能性があります。
クエン酸Naph調整製品をアルカリ性にするph調整剤です。
キレート(金属イオン封鎖)や酸化防止の役割も。
ph調整剤のため1%以下で配合されている場合は刺激はほぼありません。
フェノキシエタノール防腐剤防腐剤です。エタノール(アルコール)とは異なる成分です。
抗菌作用が高く、製品中での微生物の繁殖を防ぎます。
高濃度では刺激になる可能性もありますが、化粧品では1%以下でしか配合できず、刺激はほぼありません。
ユーカリ葉油精油天然香料(精油)です。すっきりした香りを持ちます。
抗炎症、収れん、ニキビ予防、防腐などの効果があると言われています。
虫が嫌うにおいなので、高濃度で配合すると虫よけ効果もあります。
香料香料製品に良い香りをつけたり、原料臭をごまかすために配合されます。
香料といっても種類はたくさんあり、種類によっては刺激性・アレルギー性が気になります。
特に美容効果があるわけではないので、香りを楽しむ目的がなければ避けたい成分です。

👄他の人の口コミ評判👄

ミネラルボディシャインジェルを実際に使った人の口コミを集めてみました。

良い口コミ:さっぱり使用感が人気

  • さらっとした仕上がりでベタつかない
  • 軽いつけ心地で気持ち良い
  • 肌にすっと馴染む
  • べたべたせずに使える
  • 塗ってすぐは少しベタつくけど数十秒でさらさらした
  • よく伸びて全身に塗りやすい
  • 日焼け後のケアに良い
  • 夏のボディのトータルケアが出来る
  • 紫外線を浴びた後のケアに使えて便利
  • ユーカリの香りで癒やされる
  • 爽やかな香りで使いやすい
  • 肌が弱くても使いやすい
  • 塗ると肌にツヤが出る
https://beauty-trendblog.com/wp-content/uploads/2017/07/写真-2017-07-26-13-41-41.jpgありす

使用感に関して「さっぱりして使いやすい」という良い意見が多かったです。

すぐにさらっとするので、ボディクリームのベタつきが苦手な方からも高評価を得ていました。

あと化粧品なので当然ですが「シミが消えた」などのはっきりした効果の口コミは見当たりません。

すぐに分かるはっきりした効果はありませんが、成分を見る限りでは、予防に良さそうなブライトニング成分が入っているので、効果はあるとは思います。

悪い口コミ:保湿力は不足気味

  • 肌が乾燥した
  • 保湿力が足りなかった
  • べたつきがあった
  • 美白効果を実感できなかった
  • ポロポロとカスが出た
  • ボディ用なのに価格が高すぎる
https://beauty-trendblog.com/wp-content/uploads/2017/07/写真-2017-07-26-13-41-41.jpgありす

美白重視でさっぱりした使い心地のジェルなので、ボディクリームのような保湿を求めている方には不評でした。

あと、塗る量が多すぎるとポロポロとカスが出るという意見もありました。伸びの良いジェルなので少量ずつ塗るようにすると良さそうですね。

ボディ用なのに5000円超えという価格の高さにも不満の声が💦よく伸びて1回の使用量は少ないですが、顔用の美容液並の成分が入っているのでお値段は高くなっています。

※@コスメ、楽天、amazon、ブログ、SNSで見つけた口コミを要約したものです。効果・効能を保証するものではありません。

❓よくある質問❓

敏感肌でも使える?

パッケージをみると「アルコールフリー」「パラベンフリー」など肌に優しそうな印象がありますが、ペンチレングリコールがベースになっていたり、ハイドロキノンが入っているので、そんなに低刺激とは言えないかなと思います。ボディ用のブライトニングケアなので神経質に低刺激を求めなくても良いとは思いますが、肌が弱い方はご注意ください。

美白コスメではないの?

有効成分を配合した医薬部外品ではないので「美白」を名乗ることが出来ない商品です。成分的にはプチプラ美白コスメよりがっつりブライトニング成分が入っていると思われます。

顔に使っても良い?

公式サイトによると、顔・身体どちらにも使えると書いています。ただし強めのブライトニング成分も入っているので、個人的にはボディ向けかなと思っています。顔に使う場合は肌の状態を見ながら注意して使いましょう。

子供も使えるって本当?

公式サイトによると子供も使えると書いています。ただし強めのブライトニング成分も入っているので、肌の弱いお子さんや赤ちゃんへの使用は控えたほうが良さそう。使う場合は肌の状態を見ながら注意して使いましょう。

1本でどのぐらい使える?

1日1回、全身に使って約1ヶ月分です。

イルコルポのミネラルボディシャインジェルはどこで売っている?最安値店舗はここ!

ミネラルボディシャインジェルを含むイルコルポの商品はドラッグストアなどのお店での取り扱いは少ないです。

一応、東急ハンズや@コスメストアなどの一部の店舗では売っていることもあるようですが、私も見かけたことがありません。(関西の取扱店は梅田の東急ハンズだけでした)

amazonや楽天では買えますが、おすすめの購入先は公式通販。

初回限定のトライアル商品ですが、ミネラルボディシャインジェルの本品が39%OFFで送料無料。さらにイルコルポの日焼け止めのサンプル4包と、次回購入時に使える15%OFFクーポンが貰えます✨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です