ありすのおすすめスキンケア

【化粧品成分辞典】フラーレン

フラーレンは非常に高い抗酸化力を持ち、保湿・透明感・エイジングケアなどさまざまな肌悩みに対応する成分です。

フラーレン自体は、炭のように黒い粉末状の成分です。

肉眼では見えませんが、60個の炭素がサッカーボールのように繋がっています。

化粧品に使用する場合は、アイテムによって異なる原料を使って配合します。

>フラーレン配合コスメのレビュー&成分解析一覧はこちら

※マーク付き商品の一覧は各項目でご確認ください。

フラーレンの種類とマーク

フラーレンには6種類の原料が存在します。

種類特徴使用例
ラジカルスポンジN水溶性化粧水・美容液など
リポフラーレンN油溶性クリーム、オイルなど
モイストフラーレンNリポソーム化用浸透力を高めるとき
ヴェールフラーレンN粉末状粉末状のメイク用品
サンガードフラーレンNサンケア用日焼け止めなど
ヘアシャイニーフラーレンNヘアケア用ヘアトリートメントなど

フラーレンを作っているのはビタミンC60バイオリサーチ株式会社

それぞれの成分が規定濃度以上入っていると、「フラーレンマーク」を製品に表示することが許可されます。

フラーレンコスメを選ぶときは「フラーレンマークがついているか」をまずチェックするのがおすすめです。

ラジカルスポンジN

フラーレンの中でも最も歴史が長く、多くの製品で使用されているフラーレン原料です。

水に溶けやすい性質で、化粧水や美容液などのスキンケア製品で幅広く利用されています。

使われている成分はこの4種類。

フラーレン0.03%以下
BG75%
10%
PVP14.97%以上

ラジカルスポンジNを規定濃度(1%以上)配合すると「フラーレンマーク」を製品に表示することが許可されます。

フラーレン自体の濃度は0.0003%以下ですが原料メーカーによるとこの濃度でも効果は期待できるようです。

リポフラーレンN

モイストフラーレンN

ヴェールフラーレンN

サンガードフラーレンN

ヘアシャイニーフラーレンN

ありす

ありす

美容ブロガー・日本化粧検定1級

美容、メイク、おしゃれ等にはまっている20代の3児のママ。
コスメレビュー、コスメ成分解析、コスメサブスク、ファッションレンタルなどの情報を発信しています。

FOLLOW

カテゴリー: