【コスメ成分解析講座】血行促進&温感・冷感成分のキホンと成分辞典

【コスメ成分解析講座】血行促進&温感・冷感成分のキホンと成分辞典

血行促進&温感・冷感成分とは?

肌や唇などの血行を促進し、肌のトラブルを改善する成分です。

使うと同時に、温感・冷感を感じることがあります。

『血管拡張型』『局所刺激型』の2種類。

血管拡張型は皮膚に吸収されたあと、血管を拡張する作用がある成分です。皮膚の温度を上げる作用により刺激を感じることもありますが、基本的には刺激を感じないことが多いです。

局所刺激型は、皮膚を刺激することによる二次効果で、血管を拡張する作用がある成分です。有名なものだとトウガラシエキスが分類されます。成分によって温感・冷感を感じます。肌への良し悪しは成分によりますが、基本的には刺激を感じやすい成分です。

局所刺激型はマッサージジェルや育毛系のヘアケアによく使われ、最近だとピリピリ系のリップもこの一種です。

血管拡張型

センブリエキス

別名
製造方法リンドウ科、センブリ属のセンブリという薬草から抽出されます

血行促進成分です。スエルチアマリンなどの血行促進成分が含まれています。昔から胃腸や脱毛の漢方として使用されてきました。化粧品では、シャンプーなどの育毛系の商品によく配合されます。フラボノイドというポリフェノールやキサントンが含まれていて、抗酸化作用も持っています。

局所刺激型

カンフル

別名dl-カンフル
製造方法クスノキの木片を水蒸気蒸留させたり合成で作られます。

血行促進・冷感成分です。塗った直後は清涼感があり、その後少しの熱感があります。弱い刺激を与えて血行を良くすることで、代謝を促します。かゆみを鎮める作用も。人によっては刺激を感じることがあります。敏感肌の人や大量に配合されている場合は特に注意しましょう。

ショウガ根エキス

別名ショウガ根茎エキス、ショウキョウチンキ、ショウキョウエキス
製造方法ショウガ科のショウガの根茎から抽出されます。

血行促進・温感成分です。色素沈着抑制、抗老化などの効果もあります。製品のべたつきを抑え、さっぱりしたテクスチャに近づける効果も。成分自体に皮膚刺激はほとんどありませんが、血行促進効果により赤みや刺激を感じる方もいます。

トウガラシ果実エキス

別名トウガラシエキス
製造方法トウガラシの果実から抽出されます。

血行促進・温感成分です。カプサイシン、βカロチン、ルテインなどの成分が含まれます。ピリピリ系のリップや発汗作用のある入浴剤によく配合されます。高い育毛効果も持っています。必ずしも肌に悪いわけではありませんが、刺激性が高く、ヒリヒリ感も強いので、配合されているコスメは要注意です。

バニリルブチル

別名
製造方法

血行促進・温感成分です。

メントール

別名l-メントール、dl-メントール
製造方法

血行促進・冷感成分です。冷刺激受容体に作用して、使用時に冷感を与えます。かゆみを鎮める作用も。エタノールと同時に配合することでより強い効果を出します。人によっては刺激を感じることも。敏感肌の人や大量に配合されている場合は特に注意しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です