【コスメ成分解析講座】美容液の成分の読み方・選び方

【コスメ成分解析講座】美容液の成分の読み方

 

美容液ってそもそも何?必要性はあるの?

美容液とは、化粧水や乳液とは別に使い、+αの効果をお肌に与えるための化粧品です。

決まった定義はないので化粧水のようなさらさら系の美容液もあれば、クリームのようなこっくり系の美容液もあります。

使用のタイミングも、洗顔後すぐだったり、化粧水の後だったりさまざまです。

美容液の使用の目的は、化粧水や乳液だけでは足りない美容成分を補うこと。

保湿だったり、美白だったり、エイジングケアだったり。

いつものスキンケアを変えずに、お肌に目的にあった美容成分を補えるのが美容液のメリットです。

基本的なスキンケアは化粧水と乳液だけでも事足りるので、特に補いたい美容成分がなければ無理に使う必要はありません。

美容成分が入ってない美容液がある❓

『美容液』と名乗って商品を販売するのに明確なルールはないので、メーカーが『美容液』と名付ければそのまま販売できてしまいます。

実際はほとんど美容成分が入っておらず、化粧水やそれ以下のレベルだったとしても、メーカーが美容液と名乗ればそれは『美容液』です。

特に2000円以下で売っているプチプラの美容液にはその傾向が多いかも💦

「美容液だったら肌に良いよね~🎵」と安易に考えるのではなく、しっかり成分を見て、自分が求める効果を得られる成分が入っているのかを見極めることが大切ですね✨

美容成分で優秀なのはセラミド❗

化粧品に入っている美容成分にはさまざまな種類がありますが、特に美肌に有効なのは保湿成分の『セラミド』です。

セラミドはお肌にもともと存在する成分で、肌の保湿やバリア機能に重要な役割を果たしています。

加齢や乾燥などで不足しがちになる成分なので、化粧品で補うことで肌の調子は良くなるんです😄

どんな美容成分が入った美容液を買おうか迷ったときは、セラミドが入ったものを選ぶのも良い選択肢のひとつです✨

もし使いたい美容液にセラミドが入っていない場合は、化粧水や乳液、他の美容液との重ね塗りでセラミドを補うのも一つの手❗

セラミドについて詳しくはこちらの記事に書いています。【コスメ成分解析講座】保湿成分のキホンと成分辞典【コスメ成分解析講座】保湿成分のキホンと成分辞典

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です