【成分解析】ナチュリエ スキンコンディショナー(ハトムギ化粧水)

大容量&高コスパでおなじみのプチプラ化粧水・ナチュリエ スキンコンディショナー(ハトムギ化粧水)の成分解析です。

ナチュリエ スキンコンディショナー(ハトムギ化粧水)の商品情報と全成分

ナチュリエ スキンコンディショナー(ハトムギ化粧水)の成分解析

ベースとなる保湿成分はDPG、BG、グリセリンの3種類。

DPGとBGがさっぱり系で、油分や増粘剤も入っていないので、かなりさっぱりしたテクスチャの化粧水です。

DPGはベースとなる保湿成分の中では、やや刺激のある成分。特に目に入ったときに刺激を感じやすいので注意です。原価が安いので、コスト削減のためにメインの保湿成分にしているのかと思います。

この大容量&低価格なので、DPGがベースになっているのは仕方ないかな💦無理に避けるほど危険な成分ではありません。

ハトムギエキスはお肌を整える成分ですが、植物エキスで濃度も薄いと思われるので、どの程度効果があるのか微妙なところです。

グリチルリチン酸2Kは、アルビオンのスキコンでは、抗炎症の有効成分として入っている成分。

有効成分として一定濃度入っていたら効果があると国から認められている成分ですが、ナチュリエのスキンコンディショナーでは化粧品の成分としての配合なので濃度は不明。

口コミを見る限りではお肌が整った方も多いみたいなので、そこそこの濃度は入っているかもしれません。

あと、濁った色の理由は(スチレン/アクリレーツ)コポリマーという白濁化成分。特に美容効果もなければリスクもありません。

全体を見た感じでは、保湿力はかなり低め、一般的な化粧品によく入っているヒアルロン酸などの保湿成分も入っていません。

潤いは別の製品頼りで、整肌を求めて使うならありなかと思います。

成分解析のまとめ

  • DPGとBGベースでさっぱりした化粧水
  • DPGはわずかな刺激・眼刺激の可能性あり
  • 抗炎症作用のあるグリチルリチン酸2Kを配合(有効成分ではない)
  • 色が濁っているのは白濁化成分が入っているからで、成分が濃いわけではない(特に悪影響もない)
  • 全体的に保湿力は低めのさっぱり系整肌化粧水

ナチュリエの成分解析一覧

全成分の詳細

ベース
DPGベース(保湿)
BGベース(保湿)
グリセリンベース(保湿)
グリチルリチン酸2K整肌
ハトムギエキス整肌
(スチレン/アクリレーツ)コポリマー調整
エタノールベース
クエン酸ph調整
クエン酸Naph調整・キレート
メチルパラベン防腐
プロピルパラベン防腐
ベースほぼすべての化粧品に成分を溶かし込むために配合されています。
水自体に特別な効果はありませんが、刺激やアレルギーなどのリスクもありません。
DPGベース(保湿)化粧品のベースとしてよく使われる保湿成分です。
さっぱり系の使用感で、低コストで配合できるのが特徴です。
眼睛刺激やわずかな皮膚刺激の可能性があり、無理に避けるほどではありませんが、濃度が高いものは注意しましょう。
BGベース(保湿)化粧品のベースとしてよく使われる保湿成分です。
低刺激で、グリセリンに比べて保湿力は劣りますがさっぱりした使用感です。
1%以下(成分表示の後方に表示)の場合は、成分を溶かし込むためなどの目的で配合されており、影響はほぼありません。
グリセリンベース(保湿)化粧品のベースとしてよく使われる保湿成分です。
ベース成分の中でも特に低刺激で保湿力が高いのが特徴。
高濃度で配合されているものは、ニキビ肌との相性は悪いです。
ハトムギエキス抗炎症ハトムギ化粧水でお馴染みの抗炎症・保湿成分です。
抗腫瘍作用も持っており、昔からイボ治療のためにも使われていました。
他にも肌のターンオーバー促進、角質水分増加による保湿、色素沈着抑制、汗の消臭、余分な皮脂の分泌を抑えるなどの作用を持っています。
化粧品ではやたらと万能な成分として扱われがちですが、植物成分なので作用はそこまで強くないです。
グリチルリチン酸2K抗炎症肌の炎症を鎮める効果があり、肌荒れケア・ニキビケア・美白系のコスメによく配合されます。
有効成分として配合できる成分で、ある程度の濃度があれば、けっこうすぐに効果が現れます。
抗炎症成分が複数配合されていたり、他の抗炎症系コスメと重ね塗りしたり、長期的に使いすぎると、刺激になったり、肌本来の機能が弱まる可能性もあるので注意。
(スチレン/アクリレーツ)コポリマー調整合成ポリマーの一種です。
スキンケアでは化粧品を白濁化して、見た目を整えるために配合されます。
主にメイクアップ製品では被膜形成のために配合されることもあります。
エタノールベース化粧品で「アルコール」と呼ばれている、揮発性の高い成分です。
使用感の向上、清涼感の演出、抗菌などの効果があります。
高濃度で配合されていると、ツンとしたにおいがあり、刺激や乾燥の原因になることも。
1%以下(成分表示の後方に表示)の場合は、成分を溶かし込むためなどの目的で配合されており、影響はほぼありません。
クエン酸キレート・ph調整製品の金属イオンを封鎖して品質を維持するキレート剤、製品を酸性にするph調整剤です。
収れん作用を持ち、毛穴ケアやお肌のキメを整える効果も期待できます。
ph調整剤のため1%以下で配合されている場合は刺激はありませんが、ピーリング目的にたくさん配合されていると刺激になりやすいので注意です。
クエン酸Naph調整製品をアルカリ性にするph調整剤です。
キレート(金属イオン封鎖)や酸化防止の役割も。
ph調整剤のため1%以下で配合されている場合は刺激はほぼありません。
メチルパラベン防腐ごく少量の配合で、製品の抗菌・防腐に高い効果を発揮します。
パラベンは避けられがちですが、実際には化粧品に配合する防腐剤の中では毒性が低く、お肌への刺激も少ない防腐剤です。
メチルパラベンは代表的なパラベン4種類の中で、少し防腐力は弱めですが、低刺激です。
プロピルパラベン防腐ごく少量の配合で、製品の抗菌・防腐に高い効果を発揮します。
パラベンは避けられがちですが、実際には化粧品に配合する防腐剤の中では毒性が低く、お肌への刺激も少ない防腐剤です
ナチュリエ スキンコンディショナー(ハトムギ化粧水)の特徴
  • さっぱりした使用感でしっかり浸透
  • 惜しみなく使えて効果的に水分補給
  • 安心して使えるシンプルな処方

関連記事

Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'add_script_to_footer' not found or invalid function name in /home/ayamamablog/beauty-trendblog.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 292