【成分解析】コンシダーマルスキンライズローション

全成分

水、BG、グリセリン、シクロヘキサシロキサン、ベタイン、DPG、トレハロース、ステアリン酸グリセリル(SE)、プラセンタエキス、サッカロミセス/(黒砂糖/プラセンタエキス)発酵液、ヒトオリゴペプチド-1、セラミドNG、セラミドNP、スクワラン、加水分解エラスチン、ヒアルロン酸Na、水溶性コラーゲン、アルギニン、アスパラギン酸、PCA、グリシン、アラニン、セリン、バリン、プロリン、トレオニン、イソロイシン、ヒスチジン、フェニルアラニン、PCA-Na、乳酸Na、クエン酸、クエン酸Na、塩化Mg、塩化Ca、シア脂、ホホバ種子油、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ラウロイルグルタミン酸ジ(コレステリル/オクチルドデシル)、ベヘン酸、ラウロイルサルコシンイソプロピル、ステアリルアルコール、ベヘネス-30、エチルヘキシルグリセリン、フェノキシエタノール、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30)クロスポリマー、PPG-6デシルテトラデセス-30、メタリン酸Na、シクロペンタシロキサン、トコフェロール、ステアロイルグルタミン酸2Na、ビサボロール、ポリ-ε-リシン、マンニトール

この商品の特徴

  • 1本でスキンケアが完了するオールインワンタイプ
  • ラメラ構造を守ることを重視
  • 5つのフリーで低刺激な処方

\最大54%OFFの選べる定期コース/

レビュー記事はこちら

成分解析

コンシダーマルスキンライズローションは全成分が52種類と、やや複雑な構成になった美容液です。

成分の数が多いのはいろんな効果が得られそうですが、ひとつひとつの濃度が下がるので、効果が得られにくくなるという懸念はあります💦

とはいえ、コンシダーマルの公式サイトの製品コンセプトを見てみると

説明が細かいので要約すると「美容成分を組み合わせて、肌本来が持つチカラを再現し、肌の状態を整える」ということです。

なので、成分が多いことは、そんなにネガティブにならなくて良いかなと思います。植物成分の種類がやたら入っているよりも、守りのケアとしては良さそう。

全体的な処方としても『肌にないものを与える』よりも『肌にあるものを補う』ケアということですね。

化粧品に配合することで高い効果が得られると言われているセラミドや、原料が高い美容成分EGFなども配合されています。

ベースとなっているのはBGとグリセリンで、低刺激の一般的な保湿剤です。

次に来ているシクロヘキサシロキサン成分を溶かし込むための溶剤。揮発するので肌には残らず、サラッとした仕上がりを作ります。

肌に良く似た性質を持つ

  • 皮脂成分・・・スクワラン
  • 細胞間脂質・・・セラミド
  • NMF・・・アミノ酸類、ミネラル
  • 真皮構成成分・・・水溶性コラーゲン、ヒアルロン酸Na

を配合して、お肌の潤いを守ります。

特にセラミドは肌のバリア機能に重要な役割を持ち、化粧品で補うことが大切な成分です。

毒性のある成分は入っている?

微妙な成分としては、刺激の可能性があるステアリルアルコールやポリ-ε-リシンが入っています。乳化に非イオンではなくアニオン界面活性剤を使っているのもマイナスポイントです💦

すべて濃度は低いのであまり影響はないかもしれませんが、人によってはダメかもしれないので注意してください。

ありす

ありす

あくまでも個人の意見ですが、全成分をザッと見た感じでは、毒性というほどリスクの高そうな成分は見当たりませんでした。

ニキビ肌との相性は?

コンシダーマルスキンライズローションはニキビ肌との相性をチェックするノンコメドジェニックテストは行われていないコスメです。

成分を見た感じでは、ニキビ肌との相性はそんなに悪くなさそう。

まずベースの成分はニキビ肌との相性はイマイチなグリセリンは入っていますが、BGの方が高濃度なので、それほど悪くなさそう。

油脂もシア脂のみなので、アクネ菌のエサになりそうな成分は少なそうな印象です。

コンシダーマルのテーマであるお肌のバリア機能を整えることはバリア機能の改善にも繋がります。

ニキビに対する殺菌作用や抗炎症作用を持つ成分は入っておらず、ニキビケアに特化した成分ではありませんが、ニキビ肌の人でも使えそうなコスメです。

コンシダーマルスキンライズローションでシミは消える?

まず大前提として、高級美白化粧品を使ったとしても化粧品でシミが消えることはほぼありません。

美白コスメの目的は、色素沈着やメラニンの生成などのシミができる原因を減らす『予防』です。

その上で考えると、コンシダーマルスキンライズローションに入っている成分には美白コスメに使われるものも一部あります。

  • プラセンタエキス・・・メラニンを生成するチロシナーゼの生成を抑制、新陳代謝を高めてターンオーバーを正常化する
  • サッカロミセス/(黒砂糖/プラセンタエキス)発酵液・・・プラセンタによく似た性質
  • アスパラギン酸・・・メラニンの生成を阻害

もちろん本格的な美白ケアをしたいなら薬用美白コスメの方が良いですが、コンシダーマルスキンライズローションにもシミで悩んでいる方におすすめの成分は入っています。

まとめ

  • ラメラ構造と似た構成の成分が入った美容液
  • 肌のうるおい・バリア機能に重要なセラミドを配合

全体的な解析結果としては、お肌の構造を考えた上でしっかり構成されていそうな処方。お肌を土台から整えるケアをしたい人にはおすすめです。

\最大54%OFFの選べる定期コース/

全成分

ベース
BGベース(保湿)
グリセリンベース(保湿)
シクロヘキサシロキサン皮膜形成
ベタイン保湿
DPGベース(保湿)
トレハロース保湿
ステアリン酸グリセリル(SE)乳化
プラセンタエキス透明感
サッカロミセス/(黒砂糖/プラセンタエキス)発酵液保湿
ヒトオリゴペプチド-1エイジングケア
セラミドNG保湿
セラミドNP保湿
スクワラン保湿
加水分解エラスチン
ヒアルロン酸Na保湿
水溶性コラーゲン保湿
アルギニン保湿・ph調整
アスパラギン酸保湿
PCA保湿
グリシン保湿
アラニン保湿
セリン保湿
バリン保湿
プロリン保湿
トレオニン保湿
イソロイシン保湿
ヒスチジン保湿
フェニルアラニン保湿
PCA-Na保湿
乳酸Na保湿
クエン酸キレート・ph調整
クエン酸Naph調整
塩化Mg保湿
塩化Ca保湿
シア脂保湿
ホホバ種子油エステル油
トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル保湿
ラウロイルグルタミン酸ジ(コレステリル/オクチルドデシル)保湿
ベヘン酸調整
ラウロイルサルコシンイソプロピル調整
ステアリルアルコール保湿
ベヘネス-30乳化
エチルヘキシルグリセリン保湿
フェノキシエタノール防腐剤
(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30)クロスポリマー乳化・増粘
PPG-6デシルテトラデセス-30乳化
メタリン酸Naキレート
シクロペンタシロキサン皮膜形成
トコフェロール酸化防止剤
ステアロイルグルタミン酸2Na調整
ビサボロール整肌
ポリ-ε-リシン保湿・防腐
マンニトール保湿
使用感です。
1%以下(成分表示の後方に表示)の場合は、成分を溶かし込むためなどの目的で配合されており、影響はほぼありません。グリセリンベース(保湿)化粧品のベースとしてよく使われる保湿成分です。
ベース成分の中でも特に低刺激で保湿力が高いのが特徴。
高濃度で配合されているものは、ニキビ肌との相性は悪いです。シクロヘキサシロキサン皮膜形成肌や髪に皮膜を作り、表面をキレイに見せたり、成分を密着させる環状シリコーンです。
ベースの油剤としても使われ、揮発性が高く、自らは揮発してなくなります。
環状シリコーンはさらっとしたテクスチャで落としやすい性質を持ちます。
シリコーンは嫌われがちな成分ですが、シリコーン自体に刺激などのリスクはほぼありません。ベタイン保湿糖蜜から得られるアミノ酸誘導体で、化粧品でよく使われる一般的な保湿成分です。
帯電防止効果もありますが、刺激のリスクはほぼありません。DPGベース(保湿)化粧品のベースとしてよく使われる保湿成分です。
さっぱり系の使用感で、低コストで配合できるのが特徴です。
眼睛刺激やわずかな皮膚刺激の可能性があり、無理に避けるほどではありませんが、濃度が高いものは注意しましょう。トレハロース保湿天然由来の保湿成分で海草やきのこに含まれており、干し椎茸が水に戻る性質はトレハロースのおかげです。
粉末状のメイクアップ製品に混ぜると、しっとり感を出し、崩れにくくなります。ステアリン酸グリセリル(SE)乳化非イオン(ノニオン)界面活性剤・乳化剤です。グリセリンエステル系で、非常に多くの化粧品に使われています。
乳化・分散作用が高く、酸化されにくい構造を持ちます。
(SE)とは自己乳化型という意味で、少量の石けん成分を含みますが、刺激は気にするほどありません。プラセンタエキス透明感メラニンを生成するチロシナーゼの生成を抑制したり、新陳代謝を高めてターンオーバーを正常化するシミ排出作用を持っています。
美白だけでなく保湿効果もある美容成分。医薬部外品の有効成分として承認されています。
刺激はほとんどなく、美白成分の中で特に低刺激な成分だと言われています。サッカロミセス/(黒砂糖/プラセンタエキス)発酵液保湿「発酵熟成プラセンタ」と呼ばれるアミノ酸を多く含むプラセンタ系の保湿成分です。
保湿や美白効果が期待できます。ヒトオリゴペプチド-1エイジングケア「EGF」と呼ばれ、細胞を再生させる力があると言われています。
人の肌に存在するタンパク質の一種で、加齢と共に減っていきます。
EGFは表皮細胞成長因子とも呼ばれ、肌のターンオーバーをサポートしてシミやくすみ、肌のこわつきにアプローチします。
コストが高いので、配合したコスメは価格が高くなりがちです。
皮膚刺激はほとんどなく、安全性の高い成分ですが、ただし「肌に塗ったところで本当に効果があるのか」という疑問の声もあります。セラミドNG保湿肌の細胞間脂質に元から存在する保湿成分で、加齢や乾燥などにより不足しやすくなります。
保湿したり、刺激から肌を守るバリア機能の維持にとても重要なので、化粧品で積極的にとりたい成分。
もともと肌の浅いところで働く成分なので、化粧品で補いやすいです。
他のセラミドに比べ、人の肌に最も多いです。強い保湿力とバリア機能を持ち、化粧品に多く使用されます。セラミドNP保湿肌の細胞間脂質に元から存在する保湿成分で、加齢や乾燥などにより不足しやすくなります。
保湿したり、刺激から肌を守るバリア機能の維持にとても重要なので、化粧品で積極的にとりたい成分。
もともと肌の浅いところで働く成分なので、化粧品で補いやすいです。
他のセラミドに比べ、水分を保持し、シワを抑制、減少させる作用があります。加齢によって減りやすいです。スクワラン保湿肌の保湿や柔軟作用を持っています。人間の皮脂中に5%含まれており、お肌に馴染みやすい成分。
こってり感はありますが、べたつきにくいので感触改良のためにも配合されます。
100%のオイルをそのままスキンケアに使うことも可能です。
分類としては炭化水素油ですが、石油ではなく動植物由来の成分です。
安定性が高く、酸化や熱による劣化が少ないのも特徴。医薬品の軟膏などにも使用されています。
クレンジングに配合されている場合は、メイクを浮かせるためのオイル。メイクと落とす力は、そこそこ高めです。
脱脂力があるので乾燥の原因になる可能性があります。加水分解エラスチンエラスチンを加水分解して小さくしたもので、より高い浸透力を持つ保湿成分です。
肌でコラーゲンに絡まり、バネのように支えて皮膚の弾力性を保つ役割があります。ヒアルロン酸Na保湿化粧品でよく使われる定番の保湿成分です。1gで2~6Lの水分保持力があります。
肌の細胞と細胞の間で、水分の保持やクッションのような役割をしている、保湿に重要な成分。
粘度が非常に高く、配合量が多いと、とろっとしたテクスチャになります。水溶性コラーゲン保湿化粧品でよく使われる定番の保湿成分です。
保水力が高く、肌の土台で水分を蓄えて保湿・ハリ・弾力をサポートします。
さらさらとしたテクスチャですが、肌や髪の表面に膜を作って保護する効果も。
低温ではゲル状になり、体温ほどの温度では液状になる性質を持ち、化粧品に配合された場合はとろみが出ます。アルギニン保湿・ph調整人の肌に存在するアミノ酸の一種で、天然保湿因子にも含まれます。
他のアミノ酸と一緒に天然保湿因子に近い成分を作り上げ、保湿・肌バリアを改善します。
製品をアルカリ性にするph調整の役割も。
基本的には刺激はありませんが、まれにピーリング目的で高濃度で配合されているものがあります。
その場合は乾燥や刺激の原因になりがちなので使い方に注意しましょう。アスパラギン酸保湿アスパラガスの汁から発見された保湿成分。
人の体内に存在するアミノ酸の一種で天然保湿因子(NMF)にも含まれます。
角質層の水分量を増加させ、お肌を保湿する効果を持ちます。
保湿効果以外にも、新陳代謝を高めたり、メラニン生成を阻害する美白成分としての役割を持ちます。PCA保湿人の肌に存在する保湿成分・NMF(天然保湿因子)の約12%を占める成分。
PCAの形では保湿力が弱いため、塩の形(PCA-Na)で配合されることが多いです。グリシン保湿人の体内に存在するアミノ酸の一種で天然保湿因子(NMF)にも含まれます。
角質層の水分量を増加させ、お肌を保湿する効果を持ちます。コラーゲンのらせん構造をサポートして安定させます。
血行促進、抗菌、酸化防止、金属イオン封鎖、メラニン生成抑制効果も持ちます。髪や爪を作る材料にもなる成分です。アラニン保湿人の体内に存在するアミノ酸の一種で天然保湿因子(NMF)にも含まれます。
角質層の水分量を増加させ、お肌を保湿する効果を持ちます。
肌バリア、メラニン生成抑制、色素沈着抑制などの役割もあると言われています。セリン保湿人の肌に存在するアミノ酸の一種で、天然保湿因子にも含まれます。
他のアミノ酸と一緒に天然保湿因子に近い成分を作り上げ、保湿・肌バリアを改善します。バリン保湿人の体内に存在するアミノ酸の一種で天然保湿因子(NMF)にも含まれます。
角質層の水分量を増加させ、お肌を保湿する効果を持ちます。
お肌の内側からハリを保つために必要なエラスチンを生成する効果もあると言われています。プロリン保湿人の体内に存在するアミノ酸の一種で天然保湿因子(NMF)にも含まれます。
角質層の水分量を増加させ、お肌を保湿する効果を持ちます。トレオニン保湿人の体内に存在するアミノ酸の一種で天然保湿因子(NMF)にも含まれます。
角質層の水分量を増加させ、お肌を保湿する効果を持ちます。
メラニン生成抑制、ターンオーバーの促進などの効果もあると言われています。イソロイシン保湿人の体内に存在するアミノ酸の一種で天然保湿因子(NMF)にも含まれます。
角質層の水分量を増加させ、お肌を保湿する効果を持ちます。
肌を柔らかくしたり、肌バリア改善、新陳代謝を促進、メラニン生成抑制などの効果もあると言われています。ヒスチジン保湿人の体内に存在するアミノ酸の一種で天然保湿因子(NMF)にも含まれます。
角質層の水分量を増加させ、お肌を保湿する効果を持ちます。
過剰摂取でアトピー性皮膚炎の悪化が指摘されていますが、化粧品に配合されている程度なら問題ありません。フェニルアラニン保湿人の体内に存在するアミノ酸の一種で天然保湿因子(NMF)にも含まれます。
角質層の水分量を増加させ、お肌を保湿する効果を持ちます。PCA-Na保湿人の肌に存在するアミノ酸の一種で、天然保湿因子にも含まれるPCAのナトリウム円です。
他のアミノ酸と一緒に天然保湿因子に近い成分を作り上げ、保湿・肌バリアを改善します。
洗顔料のつっぱり感、髪のきしみ防止のために配合されることもあります。乳酸Na保湿人の肌に存在する保湿成分・NMF(天然保湿因子)の11~12%を占める成分で、角質層にうるおいを与える重要な役割を持ちます。クエン酸キレート・ph調整製品の金属イオンを封鎖して品質を維持するキレート剤、製品を酸性にするph調整剤です。
収れん作用を持ち、毛穴ケアやお肌のキメを整える効果も期待できます。
ph調整剤のため1%以下で配合されている場合は刺激はありませんが、ピーリング目的にたくさん配合されていると刺激になりやすいので注意です。クエン酸Naph調整製品をアルカリ性にするph調整剤です。
キレート(金属イオン封鎖)や酸化防止の役割も。
ph調整剤のため1%以下で配合されている場合は刺激はほぼありません。塩化Mg保湿海水にも含まれ、ミネラルを多く含む保湿成分です。塩化Ca保湿海水にも含まれ、ミネラルを多く含む保湿成分です。
一部では刺激があるとの声もありますが、敏感肌・アトピー肌向けの製品にけっこう配合されているので、それほど刺激はないかと思います。シア脂保湿保湿成分(油脂)です。
植物系の油脂の中でも、特に肌に膜を作り、バリア機能を補ったり水分の蒸発を防ぐ作用が高いです。
常温では固形で、体温で溶ける性質を持ちます。ホホバ種子油エステル油植物(ホホバ)の種から採れるけど、油脂ではなくエステル油に分類される成分。
肌の表面に膜を作り、水分の蒸発を防ぎます。肌なじみがよく、さっぱりした使用感が特徴。
油脂に比べて安定性が高く、アクネ菌のエサにならないので、ニキビ肌でも使いやすい油性成分です。トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル保湿化粧品でよく使われるエステル油です。さらっとしたテクスチャの油性成分。
肌の表面に膜を作り、水分の蒸発を防ぎます。成分中に顔料を分散させる効果も。
肌への刺激の心配はほとんどありません。
クレンジングに配合されている場合は、メイクを浮かせるためのオイル。メイクと落とす力は、そこそこ高めです。
炭化水素油ほどではありませんが、脱脂力があるので乾燥の原因になる可能性があります。ラウロイルグルタミン酸ジ(コレステリル/オクチルドデシル)保湿疑似セラミドとも呼ばれ、人間の肌に存在する細胞間脂質・セラミドと似た性質を持ちます。
セラミドと全く同じ効果があるとは言い切れませんが、近い作用を持ち、低コストで配合出来るのがメリットです。
角質の柔軟化、水分の蒸発を防ぐ作用があります。製品の安定化やべたつき防止効果もあります。ベヘン酸調整高級脂肪酸の一種で、製品の耐温性や安定性を向上するために配合されます。
光沢感のある仕上がりを作る役割もあります。ラウロイルサルコシンイソプロピル調整成分を溶かし込むために配合されます。ステアリルアルコール保湿肌に皮膜を作って、水分の蒸発を防いだり、外部刺激から肌を守ります。
肌なじみがよく、さらっとした質感なので、商品のテクスチャを良くする役割もあります。
旧表示指定成分のひとつでわずかな眼睛刺激・皮膚刺激はあります。
濃度が低いものは特に避けるほどではありませんが、肌に塗り置くものに高濃度で配合している場合は注意です。ベヘネス-30乳化非イオン(ノニオン)界面活性剤です。界面活性剤ですが刺激はほぼありません。
製品を水の中に油が溶け込むO/W型に乳化します。
O/W型は水に流れやすくさっぱり。乳液やクリームなどのスキンケアによく使われる乳化です。エチルヘキシルグリセリン保湿グリセリンに近い性質を持つ保湿成分です。
消臭・抗菌の作用もあるので防腐剤のような役割も持ちます。
高濃度だと刺激になるリスクもありますが、化粧品に普通に配合されている分には特に問題ありません。フェノキシエタノール防腐剤防腐剤です。エタノール(アルコール)とは異なる成分です。
抗菌作用が高く、製品中での微生物の繁殖を防ぎます。
高濃度では刺激になる可能性もありますが、化粧品では1%以下でしか配合できず、刺激はほぼありません。(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30)クロスポリマー乳化・増粘製品を水の中に油が溶け込むO/W型に乳化し、粘度を上げてゲル化させる役割で配合されます。
O/W型は水に流れやすくさっぱり。乳液やクリームなどのスキンケアによく使われる乳化です。
肌への刺激はほとんどないと言われていますが、わずかな眼睛刺激は指摘されています。PPG-6デシルテトラデセス-30乳化非イオン(ノニオン)界面活性剤です。界面活性剤ですが刺激はほぼありません。
製品を水の中に油が溶け込むO/W型に乳化します。
O/W型は水に流れやすくさっぱり。乳液やクリームなどのスキンケアによく使われる乳化です。メタリン酸Naキレート製品の金属イオンを封鎖して品質を維持します。
一部では肌の炎症の原因になる可能性が指摘されていますが、基本的には濃度も低いし、そこまで刺激はない成分。
品質の維持に意味のある成分ですし、無理に避ける必要はないでしょう。シクロペンタシロキサン皮膜形成肌や髪に皮膜を作り、表面をキレイに見せたり、成分を密着させる環状シリコーンです。
ベースの油剤としても使われ、揮発性が高く、自らは揮発してなくなります。
環状シリコーンはさらっとしたテクスチャで落としやすい性質を持ちます。
シリコーンは嫌われがちな成分ですが、シリコーン自体に刺激などのリスクはほぼありません。トコフェロール酸化防止剤製品の酸化を防ぎます。
ビタミンEなので、肌への抗酸化作用も期待できます。
防腐剤の一種ですが、刺激はほとんどありません。ステアロイルグルタミン酸2Na調整アミノ酸系のアニオン(陰イオン)界面活性剤です。
アニオン界面活性剤では珍しく、洗浄・気泡力をほとんど持ちません。
肌や髪の手触りをなめらかにしたり、粉末の成分をコーティングするために配合されます。
金属イオンを封鎖するキレート剤としての役割も持ちます。
高濃度では刺激の可能性はゼロではありませんが、乳化剤として入っている程度ではそれほど強い刺激はありません。ビサボロール整肌医薬品としては抗炎症・炎症治癒作用が認められている抗炎症成分です。
製品自体の抗菌・防腐作用も持っています。ポリ-ε-リシン保湿・防腐アミノ酸系の保湿成分です。
抗菌作用もあるので防腐剤として配合されることもありますが、その分刺激になる可能性はわずかにあります。マンニトール保湿ビタミンやアミノ酸を豊富に含む保湿成分です。
安定性が高く、製品を安定化させる役割もあります。

関連記事

Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'add_script_to_footer' not found or invalid function name in /home/ayamamablog/beauty-trendblog.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 292